「あぁ……恐れていた最悪の展開に……」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章6節。毎年恒例の新入生歓迎祭とかいう名前のけんか祭りが今年も開催されることになりました。それに何を思ったか翠学園長が賞金を出すとか云い出して、お小遣いを稼ぎたい学生さん達のヤる気は頂点に! 同様に気合い充分な特変面子に何か最高に嫌な予感を抱きつつ、謙一くんは1年の部の舞台に立つ羽目になったのでした…… ※今回はやっとと云うべきか、戦闘要素が濃いと思います。「護真術」「機能表示」「概説」などの、物語的に超重要な戦闘用語はいつか補講でもまとめます。

「俺たちに売られた喧嘩は全部特変破りと認識されて、しかも「奇襲型」として相手することになる。打ち負かされた挑戦者の末路が……コレだ……」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章2節その3。真理学園の委員会基本講座が終わって、仕事したくないプロの沙綾ちゃんが「特変は仕事(=委員会)しなくてOK♪」というルールを権力で成立させちゃおうと思いついちゃったタイミングで、そんな暴挙と権力は許しがたい同級生たちが教室に殴り込んできたのでした。特変破りは規則上互いの合意が必要であるから、特変破りはやらないと主張する謙一くんでしたが…… ※今回ちょっと長いかもしれません。ページ読み込みが遅くなったらごめんなたい。

「特変なんて、欲しいものじゃない」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」0章4節。堀田美甘ちゃんを最初として、始まった特変面子との事前接触。続く面子――烏丸凪ちゃんはハッキリと自分が特変反対派であることを表明してくるのでした。そんなことを云われても困る謙一くんは、更に二人の後輩とも再び出会うのでした。

「この巨大な学園を最も特徴付けるもの……それは、「森」。」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」0章1節その3。ようやっと辿り着いた受験校――真理学園の姿に驚きつつも、謙一くんは対策不可といわれる入学試験に挑むのでした。

  • 2017-2020©StudioMessay