「特変」結成編4-4「彼園(2)」

あらすじ

「――美味しいって、云ってくれるかな」☆「「特変」結成編」4章4節その2。続・彼園町です。そしてあの子が不意打ち登場でまさかのちょっとニヤニヤ回。※次から日常章のいわば本番です。

↓物語開始↓


Face_kenichi

さて、今度こそ帰――んん??


 井澤謙一、駅のデジタル広告に反応。


Face_kenichi

タイムセール……っええ!? 朧月夜10kgが700円!? 何処だ、何処のデパートだ!?


Face_gangoro

んー? 何だどうした井澤??


Face_kenichi

朧月夜10kgが700円なんだよ!!? お前らどうしてそんな平然としてられるんだ!?!?


Face_mami

あーそういや貧乏癖あったなぁコイツ……


Face_kenichi

えっと――ビリビリちゃんぷー彼園店、か。場所は――覚えた! 北口だな、よし俺用事できたからお前らじゃあなー!!


Face_yudai

え……あー、行っちまったなぁ。どうせならもっと弄くり回してやりたかったんだけどなぁ


Face_gangoro

米食いたかったのか? だったら俺んち来れば良かったのによ!!


Face_mami

どいつもこいつもめんどくせーからあたしは完全直帰だぁ……


Face_yudai

え? 何云ってんのガングロ、今からゲーセンだろ?


Face_mami

聞いてねーえんだけどおぉおお!?!?


timeskip

Stage: ビリビリちゃんぷー彼園店


Face_kenichi

グッ……凄い人口密度だ……!!


Kenichi

 決して大きくはない駅チカデパートに入った途端、肌に感じるこの熱気……!
 何だよ、彼園も捨てたもんじゃねえな……! とかさっきまでシリアスが台無しになりかねない感想を抱きつつも、俺は目的のお米コーナーを嗅覚で探知する……。


Kenichi

 丁度お米切らしかけてたんだよな……だから優海の商店街でタイムセールのタイミングに買い込もうと思ってたんだが、これまた恐ろしい聖域を見つけちまったよ!!


Kenichi

 だが此処の空気は、聖域っていうか寧ろ戦場。


Face_kenichi

面白ぇ……彼園の主婦とこの俺、どっちの執念が上か、小手調べといこうじゃねえか(←全力)


 戦闘態勢の人混みへ突入開始!!


Face_customer

きええぇええええええええええ!!!


Face_customer

だらああぁあああああああああ!!!


Face_customer

負けないっ!! 負けないっっ!!!


Face_kenichi

やるじゃねえか……! 流石、一家の胃袋を管理してるだけのことはある――だがっ!!


Kenichi

 俺だって、管理する日々に追われてる人種!!
 決して遅れなど取りはしないぜ――あった、朧月夜!! マジで700円だよ!!


Face_kenichi

特に賞味期限とかも、問題あるようには思えない……よほど客寄せに困ってたのか


Kenichi

 となると、米だけじゃない、他の品々も折角だから見ておこうか。
 無駄遣いしないよう、何なら今購入してもメリットが上回るかを見極めて――


 端から見れば大乱闘。傷を負う者も少なくない。
 そんな中で、足を踏まれまくりながらも井澤謙一は日頃から培った冷静な思考力で、無意味な戦闘を避けつつデパートを巡る。


 一つ、二つ、三つ――と思いきや直前で掠め取られて落ち込みつつ、今度こそ三つ。
 少なくなってきていた調味料や油をメインとし、セールで急降下してた値段の標的を確実に狙い取っていく。


Face_kenichi

……取りあえず、買いたいものは一通り買えた、と思っていいか……


Kenichi

 少しだが、戦場具合が治まってきている気がする。
 つまり、売れるものが売れて、勝敗は兎も角、主婦たちの戦いが終わってきたのを意味する。


Face_kenichi

レジが混む前に会計済ませるか――


 と、勝ちを確信していた謙一はこの時油断していた、と云っていいだろう。


 それについて「しまった!」と気付くのは次の瞬間――


Face_clerk

本日の目玉、とうじょおぉおおおおおおおおお!!!


 メガホンで、ソレがアナウンスされたときである。


Face_kenichi

何――本日の、目玉……?


Face_customer

ッそこか――!!


Face_customer

近いッ私のものだあぁあああ!!


 何の商品であるのかも訊かずに、アナウンス場所を特定した主婦たちはクラウチングスタートを決める。


Face_clerk

本日は、にて採取されたレア度星6000の、ヴァニシングドラゴンピーチを、おひとり様1パックまで、税込984円の赤字価格で、30個ご提供おぉおおおお!!


Face_kenichi

ヴァニシング……ドラゴンピーチだとっ!?


Kenichi

 ――何ソレ!?
 ドラゴンってこと? つまり肉か? いや、ピーチだから桃か!? ていうか1パック約1000円って!! 何個セットなんだ!?
 やべえ……。


Kenichi

 ――見たい!!


 井澤家料理人としての血が節約家の魂を超えた。
 ということで遅れながらも彼園初心者井澤謙一もレジ前からクラウチングスタートを決め込む。



Face_kenichi

既に群がってる20人前後には勝てない……だが、まだ間に合う――!


Kenichi

 問題は俺の背後、そして別方向からあの棚に接近しているライバル達……!!
 全員全力走行……それだけ価値のある食物なのか。俄然見たくなってきたぜ!!


Face_kenichi

はあぁああああああああああああああ休日出勤の恨みいぃいいいい今こそ俺に見返りの力をおぉおおおおおおおおおおおおおおおおッッッッッ!!!


 咄嗟の日頃の理不尽の見返り、すなわち幸運的な力を今ここで呼び戻す、信憑性も実績も皆無な詠唱さけびが彼園のデパートに反響する。


 人間、叫ぶと何かいつもよりパワーが出ることがある。
 例えば無言で硬球を投げるよりも、全力で叫んで投球した方が、飛距離が伸びたというこれまた信憑性に疑問ありの実験がある。他にも、マンガやアニメの大一番の拮抗で主人公が結構な頻度で叫んで突破している、というデータがあるようなないような。


 つまりそういう力がきっと働いて、この時の井澤謙一を味方していたのだ。


Kenichi

 届く――!!


 加えて、今度は幸運的な何かが作用する!!
 謙一の叫びに驚いたとか断じてそういうわけでもなく、ただ何となく人混みが分かれて、丁度謙一の視界に品物が映ったのである。


Face_kenichi

ん――!? こ、これは――


 その瞬間、浮かんだ井澤謙一の疑問は、既に最高潮、フィーバー状態に入っていた自身の突進エネルギーを相殺する力を一割も持たず――


Face_clerk

フィニーーーーッシュ!!! 売り切れえぇえええええ、届かなかったお客様、残念でしたー……!!


Face_clerk

今回は流石に用意できたこちらの数が少なかったのもあって、倍率が高すぎました。しばらくは今後のスペシャルタイムセールでは、いつもの法則通り、逆に皆さんお買い求めのできる格安商品をお届けします!!


Face_clerk

では、本日のスペシャルタイムセールこれにて終了いたします、ありがとうございましたーー!!


 建物中の拍手喝采の中、メガホンを持ち取り仕切っていたメガホンの店員が台座から降りて……


 最後の一つを、手にしていた男子へと話しかける。


Face_clerk

いやー高いところから見てたよ君。ナイスダッシュだったね


Face_kenichi

あ、ども……


Face_clerk

常連さんだったら申し訳ないのだけど、僕はあまり君の顔を覚えていないんだよねぇ……もしかして、このタイムセールに立ち会ったのは初めてなんじゃないかな?


Face_kenichi

入店自体、初めてでしたけど……


Face_clerk

なるほど、それは尚更素晴らしい! 初めてのお客様が、初めてスペシャルタイムに立ち会って、そして勝ち取ったんだ!! 将来屈強な主夫になれるんじゃないかな!


Face_kenichi

外に出て働くつもりではあるんですけどね……


Face_customer

ふっ……新入りのくせに、なかなかやるじゃないの


Face_customer

また強力なライバルが増えてしまったのね。それも、神童級……


Face_customer

二つ名は、そうね……ヴァニシングドラゴンでいいかしら?


Face_kenichi

何故二つ名を付けられてるんですか俺は??


Kenichi

 てか何でソレなのか明らか過ぎて捻りない!!


Kenichi

 いや、そんなことより!


Face_kenichi

あの、この商品ってもしかして――


Face_customer

人にモノを尋ねるときは、まず自分から、だろう?


Face_kenichi

ソレって名前訊いた時だけじゃないすかね……


Face_customer

皆ぁー! このビリちゃん彼園店に新たな戦士が舞い降りたぞー!! 初入店でスペタイを勝ち抜いた男だー!!


Face_clerk

認定――コードナンバー:1297! ヴァニシングドラゴンだー!! ヴァニシングドラゴンが、ヴァニシングドラゴンピーチを買っていくぞー!! そのお買い上げを、スタッフ一同見届けいたします!!


Face_customer

我らカスタマーも続け!! せーの――


Face_clerk

ヴァーニッシュ! ヴァーニッシュ! ヴァーニッシュ!


Face_customer

ヴァーニッシュ! ヴァーニッシュ! ヴァーニッシュ!


 ここに新たなビリちゃん戦士的なものが誕生した。
 営業と買い物そっちのけで同調されるヴァニッシュコール。


Face_kenichi

……………………


Kenichi

 俺最近まともな客と店員を見てない気がする……。


Kenichi

 いや、それよりも、どうすんだこの空気……。そりゃ超限定商品手に取っちゃったわけだし当然の流れなんだけど、約1000円のコレ、お買い上げする空気だぞ。


Kenichi

 正直、俺コレ――


Face_customer

ヴァーニッシュ! ヴァーニッシュ! ヴァーニッシュ!


Face_customer

ヴァーニッシュ! ハーゲ! ヴァーニッシュ!


Face_kenichi

ハゲてねえ!!!


Face_noname

【???】「――え……? 今の――」


……。
…………。
……………………。



Face_kenichi

……はぁ~~~……


Kenichi

いや、安くて良い処なんだけどなぁ……。


Kenichi

 めっちゃ顔覚えられちまったなぁ……どうしようかなぁ、家計を考えてホントにヴァニシングドラゴンになっちまうか、やっぱ優海商店街オンリーにするか。


Face_kenichi

ていうか買っちまったよ、ほぼほぼ無駄遣い確定じゃん……


Face_nono

そんなことを口走っては、幾千のユニークカスタマーに怒られますよ、ヴァニシングドラゴンさん


Face_kenichi

いや、それは分かってるんだけどさ――


 謙一固まる。
 全く予期していないタイミングでの核弾頭である。


 取りあえず一歩飛び退き、お尻を片手でガードする。
 その光景を端から見ていた帰路のお客さんたちはどういう状況なのかを冷静に分析していく。


Face_customer

戦闘……? お店の入口前でフリクションが起きようとしてるの……?


Face_customer

あの反射神経……間違いなく、相当動けるハゲだ。そしてあの構えから察するに……“機能”はお尻を経由して表示される……――そうか! スカシッペか!!


Face_customer

ヴァニシングドラゴンが、インキュバスクレイモアの洗礼を浴びようとしているのか……! 流石の新入りも、あのにんじん捌きを初見では太刀打ちできまい――!!


Face_kenichi

ハゲてねえ。てかインキュバスクレイモアがお前のカスタマーコードか……酷すぎる


Face_nono

適用力が高すぎるのも考えものですね……ここのお客さんは皆その場のノリであれこれ口走ってるだけですから、歯止めの利く範囲で止まっとかないと黒歴史になりますよ。あと私ここでの二つ名とかありませんし


Face_kenichi

……………………
……………………
……………………


Face_kenichi

……――え?


Kenichi

 俺いま、カスタマーコードって……


 気付けば自分で新たな固有名詞(※この店限定)を創り出してしまっていた自分に気付いてたまらず膝を着いた謙一だった。


Face_kenichi

――――


Face_customer

決まったーー……!! インキュバスクレイモアの“機能”が、空気を伝ってヴァニシングドラゴンのお尻を貫いたあぁああああ!!


Face_nono

私、そんなことしてません……あとインキュバス違います


Face_customer

いやー一瞬ではあったが、なかなか壮絶なバトルだったね……矢張りヴァニシングドラゴン、相当な素質がある……! もしや、言い伝えに出てくる、あの伝説のカスタマーコード0、エタニティサイクロンの生まれ変わりじゃ――


Face_nono

このお店、去年できました


Face_kenichi

クッソ、おもくそ最近出来たての言い伝えじゃねえか……! どう見てもテキトウだよこの店も客も……!!


Kenichi

 謎の熱気にいつの間にか俺も毒されていたというのかッ……!
 それをよりにもよってこの核弾頭に注意されるとは――!!


Face_kenichi

ってか、何でお前こんな処にいるの……(←絶望)


Face_nono

そんな絶望と投げやりな感情のまま会話されましても……私は彼園の人間ですから、居てはいけませぬか?


Face_kenichi

いや、悪いなんて思っちゃいないけど……彼園町民だったのか……


Kenichi

 そういや乃乃は俺と同じ自宅組……というか寮学生ではない、というのは知ってたが。
 何故かこの休日である筈の一週間でよりにもよってクラスメイツに遭遇する、この運の無さどうなってんだ俺。


Face_nono

しかし、このお店に初めて入って、いきなりスペシャルタイムセールに参加して、剰え商品をゲットするだなんて……正直、ドン引きです


Face_kenichi

せめて凄いって云えよ、実際俺もビックリだよ!


Kenichi

 あとお前にドン引きとかされたくないんだけど。


Face_kenichi

いっつもあんな感じなのか……?


Face_nono

タイムセール自体はこの時間帯に毎日やってるんですが、殆ど不定期無告知で、このタイムセール時間内にあんな感じのスペシャルセールが発生するんです


Face_nono

ただ、今日のはいつもと違ってレア度がぶっちぎってましたからね……開店以来5本の指に入る熾烈さでした……私も怖じ気づいてしまって……


Face_nono

ヴァニシングドラゴンピーチ、残念でした……一生手に入らなさそうな食材なのに……


Face_kenichi

………………なあ、乃乃、一つ質問なんだが……


Face_nono

はい、なんざんしょ


Face_kenichi

コレってもしかして、もしかしなくても、――?



Face_nono

はい、木耳ですよ


Kenichi

 桃が何個か包装された袋か箱をイメージしてたのに、俺の目に入ったのは透明色のフードパック。ホントに「パック」だった……。
 そして中に入っていたのは、とても見覚えのある茶色く、細かいやつ。


Kenichi

 美味しそうとは思えず、寧ろ――


Face_kenichi

何で、ヴァニシングドラゴンピーチなんて名前が……


Face_nono

私も詳しいわけじゃありませんが、確か色が流動的で、時々木と同化して見にくくなるらしいですよ


Face_kenichi

ドラゴンとピーチは……?


Face_nono

初めてソレを収穫したと云われる冒険家が、えーと……苗字は忘れたんですが……確か竜果という名前の男性だったと思います。その人が当時疣痔いぼじを最高潮に患ってて、もう頭の中がお尻のことでいっぱいだったというのが最有力説の由来ですね


Face_kenichi

何でソレが最有力になりえるんだろう……


Kenichi

 ということで……


Face_kenichi

はい、あげる


 謙一はエコバッグを持ってない乃乃の手を取り、例のフードパックを握らせた。


Face_nono

え……え――?


Face_kenichi

残念だったんだろ? ならお前が持って帰れコレ


Face_nono

な、何を云ってるんですか謙一さん――? 頭、正気ですか?


Face_kenichi

正直これ以上此処にいると正気を失いそうで怖いけど今は正気だ。まぁ、何だ、お礼みたいなもんかな


Face_nono

お礼って……何のですか……? 私、これを戴くほどの働きをした覚えは。罰ゲーム奉行ですか?


Face_kenichi

何でアレのご褒美なんぞ用意せねばならん。ほら、藤間妹の件


Face_kenichi

アイツ連れてきてくれたのお前だからな。俺はそっちまで気が回らなかったし


Face_nono

あれは、完全に偶然でしたよ……私寧ろ寝過ごしてしまって、罪悪感すら……


Kenichi

 何でそんな微妙なところで罪悪感抱いてくれるのに、毎日あんなに活き活きと罰ゲーム奉行できるんだろう。


Face_nono

というか、謙一さん、その為だけにあの死闘を――?


Face_kenichi

いや、あれは単にどんな桃なのか気になっただけで……そもそも桃じゃなかったし……


Face_kenichi

極めつけに、木耳だからなぁ……ちょっと我が家ではタブーなんだよ


Face_nono

あぁ……もしかして、あたるんですか……?


Face_kenichi

そゆこと


Kenichi

 別に俺は大丈夫なのだが、亜弥がちょっと苦手な体質を持ってるのが判明してからは、我が家には木耳は一切上がらせないルールとなっている。


Kenichi

 そんなわけで、俺にとっては1000円の価値もない買い物。
 だが実際はその数倍の価値を持っているコレは、そう感じている者が手にするべきだろう。


Face_kenichi

押しつけるようで悪いが、貰ってくれよ乃乃


Face_nono

……それなら、仕方ありません……が……


Face_nono

やっぱり私は、ただ貰うだけでは申し訳ない気持ちが……


Kenichi

 誰だろうコイツ。


Face_kenichi

んー……じゃあ、2学期のいつでもいいから、弁当作ってきてくれ


Face_nono

え?


Face_kenichi

但しマトモなのな! イタズラとか一切いれないで真面目な弁当を、俺の為に作ってきてくれ


Face_nono

け、謙一さんの……為に……ご飯を――


Face_customer

ひゅーひゅー! 出入口の前でお熱い2人を、私たちは応援するぜーい!!


Face_customer

ひゅーひゅー! ヴァニシングドラゴンがインキュバスクレイモアに一目惚れの告白タイムだぜーい!!


Face_customer

ひゅーひゅー! 普通に空気的に邪魔だぜーい!! でも空気読んで見守ります


Face_kenichi

空気読むんだったらスルーして買い物するなり帰るなりしてほしいんですけど


Kenichi

 でもお店の前でめちゃ喋っててすいません……!!


Face_nono

…~…///////


Face_kenichi

ん、あれ……乃乃、どうしたお前らしからぬ紅さだぞ……


Kenichi

 何か譜已ちゃんを彷彿とさせるなぁ……。


Face_kenichi

? ってことはアレか、恥ずかしがってるのか? 分かってるだろうけど、告白とかじゃないぞ文脈的に


Face_nono

わ、分かってるに決まってるじゃないですか! 何を云い出すんですか、変態ですか……!


Face_kenichi

お前にだけは非難するように云われたくないんだけどそのワード……


Kenichi

 何故か怒られた。理不尽である。


Kenichi

 まぁ、そういう感じの約束をして、しっかり乃乃には木耳を渡して……
 災害の疵痕あばたを感じさせない、元気すぎる町民たちから逃げるように俺は帰路を早歩きするのだった――


otherside


Face_nono

……ただいまー……


Nono

 予定よりも結構遅れて、家に帰ってきた。


Nono

 廊下を歩き、リビングを通り、キッチンへ。
冷蔵庫の前に、使い染みた買い物袋を置いて……真っ先に目に入ったものを、取り出す。



Face_nono

…………


Nono

 手に入る筈のなかった、絶品。
 だけど、それが今私の手元にあることよりも――


Nono

 あの人が、私にくれたことが、何よりも――


Face_nono

…………


Nono

 熱い息が、漏れる。同時に声にならない声が外に出る。
 ふと、胸に手を当てる。
 その動作に、意味は無い……無いのに、どうしてか、そうしたかった。


Face_nono

……木耳、苦手だったんだ……


Nono

 あの人自身が苦手だったのか、それとも家族の誰かが苦手だったのか……何となく後者の方が、似合ってる理由だって思った。あの人は、家を大事にしているような気がしたから。


Nono

 ただ、それでも、おかしかった。
 だって、普通木耳を食べれない、手に取らない人が、木耳を手に取るわけがない。
 それなのに、タイムセールの競争でよりにもよってソレを取っちゃうなんて。


Nono

 洒落にならないし値段も高かったから、本当にあの人にとっては最悪な買い物だったのだろう。癖の強い常連さんたちにも覚えられてしまったし……傍目からしても散々だったな、と思う。


Face_nono

……もう、彼処じゃ会えないのかな……


Nono

 本来謙一さんは冨士美町民。だから彼園町に来る用事なんて基本的に無いし、あのデパートはたまに破格レベルのタイムセールを不定期に開催するというだけで、特段安いわけじゃない。
 だから謙一さんとあんな処で会うだなんて、想像だにしていなかった。


Face_nono

…………


Nono

 プライベートで偶然知り合いに会うのは、私にとっては結構珍しい。そして私は人と親しくしてきた経験も、それほど無い……あってはならない。


Nono

 ただ、それでも最近……4月になって、特変ができてからは、毎日彼らとは喋っている。私は核弾頭として、活動している……なのに、あの人達は壊れない。文句は沢山正直に云ってくるけど、私を縛らない……ソレは私の釘として機能しているからだろうけど、そうだったとしても……


Nono

 不思議だった。
 あの場所は、どう考えてもおかしくて、私を狂わせてしまいそうで……


Nono

 狂ってしまいそうになるくらい、楽しかった。


Face_nono

謙一さん――


Nono

 彼の名を、呟く。木耳を、見ている……ようで見ていない、そんな時間は、矢張り意味が無くて。
 変な私に苦笑しながら、取りあえず容れるべきものを冷蔵庫に仕舞っていく。


Nono

 晩ご飯の支度をしなくっちゃ。


Face_nono

木耳は、明日にでも……


Nono

 キャベツの推定賞味期限が近い。
 だからキャベツをいっぱい炒めることにした。野菜炒めだけど、気持ち的にはキャベツ炒め。


Nono

 あまりに多くなってしまいそうなら、明日の昼食にでも回そう。


Face_nono

……昼食……


Nono

 ――そういえば。


Face_nono

お弁当、どうしよ……


Nono

 謙一さんに、まだまだ先ではあるけれど……お弁当を作ることに、なってしまった。
 この上等な木耳を戴いたのですから、その割には合っていない、小さすぎるお返し。


Nono

 2学期の前に、夏休みがある。
 今考えることでは、無いのでしょう。


Nono

 ……なのに……


Face_nono

どうしよう――謙一さん、好きな料理とか、あるかな


Face_nono

抑も謙一さん、凄く料理お上手なのに……私の料理なんかで、満足してくれるのかな


Face_nono

――美味しいって、云ってくれるかな


Nono

 何で、こんなに集中が途切れるんだろう。
 晩ご飯を作ってる時は、割と無心でいることが多い気がするのに、絶対今日は、おかしかった。


Face_nono

……云ってくれたら、いいなぁ――


Nono

 一部のキャベツが、少し焦げてしまった。


PAGE TOP