「特変」結成編1-2「特変破り(2)」

あらすじ

「特変の権力物言わせて私たち仕事無しってことルール化しちゃえばいいのよ!!」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章2節その2。初心者の謙一くんの為に開かれた真理学園の委員会基本講座の続きです。残りの委員会を軽く説明していきますが、やっぱり仕事をする気のない特変は、その欲望を確実に現実化する名案を思いつくのでした。

↓物語開始↓

委員会調理

Face_saya

多分一番忙しいところねー調理クック


Face_so

この人達居ないと私たち生きていけないもんね譜已ちゃん!


Face_fui

う、うん。学食、お世話になってます


Face_kenichi

なるほど。学食とか作ってるところなんだな


Kenichi

つまり完全自炊じすい便所飯型の俺には縁の無いところだな。


Face_saya

食堂と売店は学生の人気スポットだからね。特にお昼時は熾烈しれつだから、兎に角素早く動いてもらわないと騒動が起きる


Face_saya

それもあって比較的ストイックな場所ね


Face_nono

味はしっかりしてますねぇ。遊びが足りませんが


Face_kenichi

遊びとか要らんわ。佐伯は学食依存型か?


Face_nono

利用希望の有無以前に、私は出禁できんに登録されています故


Face_kenichi

何をやった貴様


Kenichi

そりゃ遊んでる暇ないところに嫌がらせしに来たら10秒かからず出禁認定ですわ。


Face_nono

学外だと、フード店とか矢張りそっち系のお仕事が集まりますね


Face_nono

あと、イベントでお食事要素を入れたい時などにもお呼ばれされるようです


Face_saya

クローズの更新タイミングは学期はじめだけど、一回でも所属したらいやおうでも料理スキル身につくわねぇ


Face_kenichi

俺はまずお前らでせわしないから嫌だ


Kenichi

それに既に料理スキルは事足りてると思うし……

委員会物資

Face_kenichi

これまたエラくざっくりしてるなぁ


Kenichi

イメージすら難しいわ


Face_saya

物資コンベイは学内外どっちも、運搬うんぱん


Face_kenichi

ああ、なるほどそっち系か。力自慢の活躍場だな


Face_saya

学校では、ゴミとか仕入れ食材とか、主に学寮がくりょうで活躍ねー


Face_saya

基本的には業務フローが固定だから、それ通り落ち着いて取り組める


Face_saya

学外もそう。要請自体はイレギュラーだけど、フローは要請側が組むから結局こっちのやることはやっぱりフロー通り


Face_saya

極論頭空っぽでもできるってことね。逆に工夫し過ぎないことが大事


Face_so

たまにやる分には楽しいんだけどねー。何回もやりたいとは思わないなーアレ、変わり映え無いし


Face_kenichi

思っていた以上に本格的なんだなどれもこれも……


Kenichi

やっぱり凄え学校に来ちまったんだな俺……

委員会雑務

Face_kenichi

で、最後のこれまたざっくりしてるのは何だ?


Face_saya

まぁぶっちゃけフリーターみたいなもんね


Face_kenichi

無職……ってそうか! だからお前ら全員雑務志望なのか!


Face_nono

雑務フリーはその呼称通り、自由な身ですね


Face_nono

これまでのクローズのように特定の業務の継続的な縛りを受けるのではなく、やりたいことをやり続けるとこです


Face_nono

他のクローズに属さない場合、自動的に雑務扱いとなります


Face_saya

まぁどこかのクローズが人員不足とかでヘルプ要請したり、逆に雑務から仕事探してみたり、フリーランスみたいな性格も持ってるわね


Face_saya

それでも結局仕事を持つかどうか、どのように仕事を持つか、それらは私たちに委ねられてるというわけ


Face_saya

学園曰く、自由を保持するスタンス、ということらしいわよー


Face_kenichi

てかそれなら皆雑務行っちゃうんじゃないの?


Face_so

ところがそうでもないんですよねー。そこがホント不思議です


Face_fui

真理学園では歴史深いシステムなので、多分そういうところで繋がりが絶えないんだと、思います


Face_fui

先輩の姿を見て、何となく続けている人も、多いのかも……


Face_so

それでも風紀ディシプリンは翠さん政権になって益々存在感薄れたけどねー……


Face_fui

それは…………うん…………


娘は遠い目をした。

委員会結論

Face_kenichi

なるほどな……何となくだが、分かってきたよ。ありがとう


Face_so

他にもクローズはいっぱいあるんですけど、まぁ全部私たちには関係無いですねー


Kenichi

さて……


Face_kenichi

やっぱり皆は、全員雑務って感じなのか?


Face_so

イエス!


Face_nagi

だからそう云ってるでしょう


Face_fui

す、すみません……私、やっぱり何か属する余裕は無いかなって……


Face_nono

揺るぎありません。私にも私のやることがあります(←皿に梅クリームパイを盛りながら)


Face_saya

揺るぎないわねー。私基本的に暇だけど


Face_mikan

…………


Face_joe

ごがー


Face_shiho

ごがー


Face_kenichi

これだけの解説タイムが結局すべて無駄になりそうだ


Kenichi

まぁ俺とて特変管理という仕事があるから雑務一択だな……


Kenichi

ホント何だったんだこの時間。


Face_saya

あ、良いこと思いついた


Face_kenichi

ん? 何だいきなり


Face_kenichi

もしかしてフリー以外のクローズを――


Face_saya

…………(笑顔)


Face_kenichi

――やるわけないわな遠嶋が


Kenichi

何でかよく分かんないけど笑顔が怖かった。


Face_so

んで、何思いついたんすか遠嶋パイセン?


Face_saya

権力よ


Face_fui

け、権力……?


Face_saya

ほらコレ


沙綾が黒板前の教卓の棚を漁りだした。


そうして手に取った一枚の紙を、教卓に叩きつける。


特変制度まとめ
①導入について
今年度より 3 年間、真理学園において特例クラス「特進選抜クラスA」(通称:特変)を 今年度A等部第一学年クラスとして導入することとする。特変は、他のクラスと立場の在り方が根本的に異なり、何事においても破格であることを示す存在である。よって自由を掲げる現真理学園は特変に対し、他クラスには無い権利を与える。
②特変の上格性
特変は真理学園の学校経営に干渉することを許される権利の程度を有し、学園所属の教員や他クラスの学生などは特変の権力行為に対して従うこととする。
③献上制度(Seize)
B等部およびA等部に所属する総ての学年・クラスは特変に対し、授業週間の週末(土曜開校の場合は土曜日放課後に、そうでない場合は金曜日放課後)に必ず一つ「たいせつなもの」を献上しなければならない。なお、その献上は各教室に特変制度下の組織であるグリーンシャドウ隊の者が向かい、直接回収する形式を取る。献上するものはクラス内で決めてよいが、物質であることが前提条件である。これらに従わない場合は、学園側が調査した結果に基づいて献上するものを決定し、強制回収する。
④特変破り
B等部およびA等部に所属する総ての学生は次に定める「特変破り」を行う権利を有する。 これは特変に対し勝負を挑むことであり、これに勝利すれば後述する権利を与えられる。
⑤特変破り手続き
特変破りは、基本的に実行側と特変側の双方の合意と、学園への手続きが原則必要である。 後者については学園の教員に申請するなどして受け取った「特変破り実行申請用紙」に必要事項を記入し学園に提出する。申請用紙に記入すべき項目は、参加者数、全参加者氏名、希望日時、希望場所、双方合意のルールである。参加者数に上限は設けない。日時や場所については希望の通りとなるよう学園が働きかける。
⑥特変破り成功者の権利
特変破りに勝利した場合、参加者が参加者数を上限として学園側に「野望(Hope)」を申請することができる。願いの内容によっては申請者との合議や代案もあり得るが、申請された総ての願いの実現に学園は全力を尽くすこととする。
⑦特B導入について
特変制度のもと、特変同様に「特進選抜Bクラス」(通称:特B)を今年度A等部第一学 年クラスとして導入することとする。特Bは特変破りと最も制度的繋がりの深いクラスであり、以下にその詳細を記述するが、実質的には対特変的である。
⑧特Bの対特変性
特Bは学力に限らない能力や実績を学園が公認することで、所属することが可能になるクラスである。特変は、このクラスが申請した特変破りを拒否することができない。ルールに ついては学園側の審査を通すが、原則として申請の拒否や内容の改変を行ってはならない。特変破りに勝利した場合に与えられる権利については上記の通りである。
⑨特Bの更新
特Bのクラス構成は学期毎に「更新」を行う。原則として学園側は所属可能な全学生を審査するが、特Bへの所属希望のある学生はそれを学園に申請することができ、所属希望の学生に対してのみ学園より行う通知や企画なども予定されている。審査の結果、更新時期に特Bへ移動することのできる学生に対しては学園より通知し、希望を受け付ける(希望申請をした学生については可否いずれの場合も通知する)。更新の際の審査基準であるが、今年度 の時点でB等部に所属する全学生、A等部第一学年に所属する全学生(特変を除く)。学園が非公開で設定した基準を満たす、能力や実績。なお、既に特Bに所属している学生も更新の対象であり、特Bからの離脱を学園が判断することもある。


Face_saya

特変の権力を、使うの


Face_kenichi

は……?


Face_saya

こういうめんどくさい決め事を今後持ってこさせない為に――


Face_saya

特変の権力物言わせて私たち仕事無しってことルール化しちゃえばいいのよ!!

sky1

…………。


…………。


…………。


Face_nono

!!!!!!


Face_so

!!?!?!?


Face_nagi

――!


Face_kenichi

いやお前らちょっと!?


Kenichi

何「その手があったか!!」みたいな顔してんの!?


Face_kenichi

完全に権力の乱用じゃねえか!!


Face_saya

私使えるものは何でも使う主義だから


Face_kenichi

俺だってそうだしその主義否定する気はないけども!


Face_kenichi

ほら、支配しきれないモノに頼り過ぎると逆に振り回されるんだぞ!


Face_saya

えー。いいじゃない、ちょっとだけなら


Face_kenichi

ちょっとだけなら、とか酒飲みお父さん信用できない言葉十選に入るからな!


Kenichi

クラス全部に配られた、この「特変ルール」なる紙。


Kenichi

要は俺に語られた「特変制度」の一般公開ver.なわけだが……当の特変な俺らはどう受け止めるべきなのか。


Kenichi

どうこのルールと付き合っていけばいいのか、熟考していかなきゃいけないだろって思ってたところにこの提案。


Kenichi

3分の1のクラスメイツが新学期早々爆睡ばくすいを決めてる中で、大きな事件である。


Face_kenichi

初めて会った時は衒火の後だったから油断してたけど、やっぱお前とんでもない奴だわ……


Face_saya

何事も経験。もしこの振り翳しが悪い結果を呼んだなら、戻せばいいだけでしょ


Face_saya

糞の皆さんには「権力実行の試験です」って動機公開すれば


Face_kenichi

動機は全然違うんだけどな。具体的な内容から本音が並みに漏れ出てるけどな


Face_fui

(ナイアガラだと最早漏水ろうすいってレベルじゃないと思うけど……)




こんな風に謙一の既にボロボロな計画に容赦無く鉄球が打ち込まれようとしていたその時。


Face_unknown

――ちょっと待ったあぁああああああああああああああ!!!!


前方側の戸が勢いよく開かれた。


PAGE TOP