「特変」結成編3-2「人生字を識るは憂患の始め(4)」

あらすじ

「学園長さんは、兄さんの行動指針を束縛しているのでしょうか?」☆「「特変」結成編」3章2節その4。井澤兄妹、この日も勉強します。妹のため毎日を送る兄謙一くんですが、亜弥ちゃんはそんな兄に何を思うのか。次回から急展開の予定です。

↓物語開始↓

otherside


Face_hiraga

……なに、逃げられた? どういうことだ此村?


Face_shimura

言葉の通りだよ平賀。完っ全に油断していた……まさか煙玉を常備しているだなんて


Face_shimura

それに加えて、あれだけの2年生を撒くなんて……予想以上の根性持ちだった


Face_hiraga

……悉く僕を失望させてくれるね2年生は……


Face_shimura

どうすればいい? 彼女は優海町でしか生きれない筈だ。だから優海町から脱しているとは思えないが


Face_hiraga

探し続けろ。但し全力ではなく、特変に悟られないように……だが……


hiraga

 流石に2日3日で足並みを揃えるのは難しかったか。
 このごたつきを特変にみせるのはあまりにも危険。衒火情らが強引な手段を取ってくるよりも先に、全てを軌条に乗せる必要がある。
 その為には……


Face_hiraga

申請用紙を朝一で提出することにしよう


Face_ikarida

参加者名簿は完成していないぞ? まだまだ増える一方だが


Face_hiraga

保留としておく。それも込みで、納得させる。アイツはしっかり捕獲できているのだろう? なら、問題は無い……僕の推測が、有り得ないとは思うが、間違っていない限りはね


Face_hiraga

アイツは、頷く以外の道を持たない


Face_kasyo0

……なら、安心だ


Face_kasyo0

ここまで貴方の指示に従っていた甲斐もあった。ようやく、あの男と対戦することができる


Face_ikarida

……燃えてるな、沼谷。云っておくが、コイツに恩なんか感じるのは間違っているからな


Face_ikarida

コイツはただ、1年一般組屈指の実力者のお前を駒としか思ってない。今回は、ただ腕が立つから、誘っていただけだ


Face_ikarida

そこらへんはお前も同じだからな、つっても元々そういう性格でもないだろうが……相楽


Face_suzuko

…………


Face_hiraga

此村。怒田。沼谷。相楽――


Face_hiraga

この僕の城に、近付くことも叶わず――特変は、惨めにも全学生の前で散る!


hiraga

 僕の前では、特変はただの駒にもなれない不良品ども。


hiraga

 つまり真理学園には要らない、僕の城下に踏み入ることすら許しがたい野蛮人種。そして、それに与する者も“追放”に値する。


Face_hiraga

革命は明日より、決行する――!!


otherside

Stage: 謙一の家


PM10 00


Face_kenichi

……え? 俺の、交友関係?


Face_ami

はい……


 二人で仲良く作ったベジタブル丼最新作を仲良く平らげて、寛いでいたところに亜弥がそんなことを訊いてきた。


Face_ami

兄さん、いっつもクラスメイトさん達のことを罵っている気がしたので、もしかしたら、兄さんのことですから万に一つもないとは思ってはきましたが、それでも天地がひっくり返った隙間にそんな事実もあるのかもと


Face_kenichi

ちょっと亜弥ちゃんの仮定形に附いていけない俺だけど、いや、まあ普通に嫌われてますよ俺


Face_ami

――――――――


Kenichi

 俺の言葉に「信じられない」な顔をする亜弥は結構レアである。


Face_kenichi

別に知り合い全員に、亜弥相手にしてるような振る舞いはやってないよ。これは俺に限らず、9割ぐらいの人間がやってること


Face_kenichi

相手によって態度を変える。あんまり良いようには聞こえない人もいるだろうが、沢山の人と関わっていくにあたって重要な世故さ


Face_ami

で、でも兄さんですよ? 私の兄さんが、嫌われてる世界、だなんて……不思議ですぅ


Face_kenichi

俺がやってる事を訊いたら納得できるとは思うけど


Kenichi

 ……実は、特変としての俺の活動については、そこまで詳しく亜弥に話していない。そのこと自体はちゃんと云っているが、何というか……まだ知るには早い気がしたのだ。


Kenichi

 今の俺の社会的立場は、極めて異端だ。その異端を知るには、もっと世界に触れて、先入観を作るべきだと思う。間違っても特変のやり方が普通、という価値観は形成してはならない。


Kenichi

 って、これじゃまるで真理学園に通わせる予定みたいになっちゃうじゃないか……。


Face_kenichi

亜弥は絶対真理学園に入れたくないなー……


Face_ami

え――な、何でですか……?


Kenichi

 「この世の終わり」な顔をする亜弥は割と頻繁である。


Face_ami

私、兄さんに……捨て――


Face_kenichi

そうじゃない、そうじゃないんだ断じて違う(←抱きしめ撫でる)


Face_ami

にへらふわぁ


Face_kenichi

まあ一言でいえば、学園での俺の姿を見られたくないってところかな。あとあの学園そのものを見られたくないとも


Face_ami

私は、一番興味のある領域なのですが……


Face_kenichi

うーん……亜弥には、もっと一般的な学園で一般的な学園生活をエンジョイしてもらいたいなぁ……


Face_ami

そこに兄さんはいらっしゃるのでしょうか?


Face_kenichi

兄さんは真理学園いたんだ……


Face_ami

…………


Kenichi

 早くも「この世の終わり」2発目をかます亜弥ちゃん。


Face_kenichi

う、うーん……そうだなぁ……


Face_kenichi

じ、じゃあもうちょっと学園の雰囲気が落ち着いたら……考えようかな


Face_ami

――!


Kenichi

 「この世が終わらなかった」亜弥ちゃん。器用である。


Face_kenichi

となると、まずは特変破りの波を沈めないとなぁ……俺らが嫌われてる限り、あの学園荒れに荒れまくるから


Face_ami

兄さんが皆さんに好かれれば万事解決だと思われます


Face_kenichi

それは……案外そうなのかもな。ていうか一番厄介なのは、何もかも煽り立ててくる学園長スポンサーなんだよなぁ


Face_ami

……何故に、学園長さんは兄さんに生活費の援助をしてくれてるのでしょうか?


Face_kenichi

それは……全然分かってないなぁ。俺たちに何かやってほしいのは確かで……


Face_kenichi

特に俺は率先して、皆をそういう方向に持って行ってほしいのだと思う


Kenichi

 つまり、俺は学園長の目論見を、今すぐではなくても理解しなければならないのだろう。


Kenichi

 真理学園を、入学式のたった一日で荒らすことを躊躇わないほどの奇人を。


Face_ami

あの、ずっと、これも気になっていたのですが……


Face_kenichi

ん? どした?


Face_ami

……兄さんは、今の学園生活が、楽しいですか?


Kenichi

 それは、間違いなく純粋に、それを訊いていたのだろう。
 文脈とか、探りとか、そんなものを一切介さず、問うた疑念。


Kenichi

 それに対して――俺は、何処かが抉られた感じを覚えた。


Kenichi

 間違いなく、刃が刺さった。とても小さいが、中々奥にまで潜りこんでくれた、犀利な白銀が……。


Face_kenichi

……楽しい……か


Kenichi

 ……自分の、3ヶ月を思い返す。


Kenichi

 抑も一番最初に会ったのは、志穂だった。雪が熟々降りまくってた中を薄着マフラーで歩いていたのを見てた時から、もう運命の時は始まっていたのかもしれない。
 それから入試面接で裸エプロンの学園長に合格と云われ、その数日後に一緒にお買い物。そして――特変を知った。自分の娘まで巻き込んで、とんでもないことを始めようとしているのはその時もう分かってはいた。ただ、その規模が想像以上であったのだが。
 入学式を迎える前に、アイツらと事前に顔合わせをしたっけ。今思えばあの悲惨な入学式を滞りなく展開するために、せめてお互いの顔くらいは一度見ておこうって魂胆だったのだろう。
 全て、学園長の掌の上。暫く俺たちがクラスとして纏まれないことも承知の上で、容赦無く色々ふっかけてくれて……権力の使い方も、授業も、テストも自分たちで決めて……そして、合宿に臨んだ。
 美甘を初めとして、アイツらは漸く、俺を管理職というクラスの中心的存在なのだと認識した。いや、俺も俺でそういう立場なのを痛感したわけだが、兎も角あれからやっと特変は一つのクラスとなった……気がする。


特変記念写真編集版


Kenichi

 それからは、もっと怒濤の毎日になった。特変破りが始まった。
 特Bが。三重栞々菜が。春日山が。鮭沢が。
 奇襲も含めればもう既に3桁に及ぶ、お互いの人生を懸けた戦い。つっても負けた側にデメリットはそれほど存在せず、ひたすらに俺たちのみがリスクを負う毎日。権力者なのだからそれは当然とも云える。


Kenichi

 だが、負ければ本当に、人生に挫折しかねない。俺の場合、俺だけじゃない、亜弥に相当な負担を強いることになる……それが、俺の最大の負担と云える。


Face_kenichi

……自業自得、なんだよなぁ……


Kenichi

 「真理学園を選んだ」。
 あの時の土壇場の決断は、最早何かの運命的な力が作用していたと云われても、俺は結構素直に納得できるだろう。
 しかし、それでも俺は選んだのだ。真理学園のことをあんまり調べられなかったのが可成り痛手ではあったが、その決意は決して生半可ではないと主張したい。


Kenichi

 亜弥を、幸せにしたい。


Kenichi

 今の俺は、それだけの存在なのだ――


Face_kenichi

充実は、してるんだがなぁ。本音を云えば、もうちょっと楽したいね


Face_kenichi

まあその為に今頑張ってるようなもんだが――


Face_ami

兄さん


 亜弥が、抱きしめていた兄の堅い腕に、自らの両腕を優しく巻き付ける。


Face_ami

人生字を識るは憂患の始め――


Face_kenichi

――!


Face_ami

字、ではないですが……私、ちょっとだけその意味が、分かった気がします


Face_ami

私、兄さんが本音を隠している時の声色が、ちょっとだけ晩ご飯の時とは違うなあって、気付いてるんです


Face_kenichi

え……? 声色……?


Face_ami

兄さん自身は、自分の声質を客観的に捉えることが難しいのだと思います。実際、僅々きんきん数ヘルス程度の不自然なブレだと思いますので、普通ならば気付きません


Face_kenichi

いや、それに気付いてる妹は一体何者だ……?


Face_ami

烏滸がましい推測を、失礼いたします……兄さんはもしや――


Face_ami

私の為だけに、今を過ごされている気が、あるのではないでしょうか――?


Kenichi

 俺が最も愛する妹。
 その一方で、俺が最も恐れている“天敵”。


Kenichi

 今、亜弥は後者の姿をしていた。


Face_ami

ここ数ヶ月の、兄さんの疲労の仕方はこれまでと一線を画します……自身の勉学の時間も、大幅に減ってしまいました


Face_kenichi

それは……もうB等部の時に把握済みになれるよう心懸けてきたからな、その貯蓄を消費してるだけだ


Face_ami

そうですね、だから兄さんの学業については、あまり心配してないのです。しかし……


Face_ami

兄さんは、私に学園は楽しい場所だと語ってくださいます。外の世界では、まず友達を作るのがよいと


Face_ami

でも……兄さんは、それすら、捗っていないのですよね?


Face_kenichi

ッ――


Face_ami

それに、今日の同窓会から帰ってきた兄さんの姿は……平日よりはマシですが、それに少し似ているところがありました。兄さんは過去の学友たちと再会を果たしてきた筈なのに……


Face_kenichi

あ、いや、それは……


Kenichi

 それについてはちょっと云い訳が利くのだが……亜弥の云っていることは、何一つ間違っていないために、俺に紡げる反論はあまりにも少なくて脆弱だった。


Face_ami

私は兄さんの言葉を、兄さんの考えを信じていますから、学園が楽しい場所だということを私は疑っておりません。先ほど申し上げたように、私の現在最も興味関心の向いている領域は、兄さんの学園で、つまり学園なんです。どんなところなのだろうと、楽しく想像を膨らませる練習をするばかりです。ですが――


Face_ami

兄さんの、学園を語る言葉には、説得力が欠けているとも、思いました……


Kenichi

 ――当たり前だ。


Kenichi

 学園は楽しいところだぞ、と学園に通ってる学生はそう云うが、その学生は毎日帰ってきては、長い間起きてもいられずすぐ深い眠りにつく。
 そして問いただしてみれば、その学生は周囲に大変嫌われており、楽しい思い出だってオススメしてくる割にはあまりに乏しい。


Kenichi

 そのオススメは、あまりにも怪しかった。それでも、俺を信じる亜弥の今の心境は、果たしてどれほど複雑なことになっているのだろうか。


Face_ami

兄さん……我慢の、し過ぎでは、ありませんか……?


Face_kenichi

亜弥……


Face_ami

私は、兄さんが大好きですから……兄さんが居なければ私は生きていく事ができないのですから……だから、もしこの先、私が別の学園に通うことができたとしても――


Face_ami

今を充分に楽しめていない、我慢する兄さんを知ってしまった私は、果たしてその時を楽しむことができるのでしょうか……?


Kenichi

 それは、矢張り亜弥らしい素直な質問で、疑問。
 だが事実上、俺にトドメを刺す確信的なきっさきであった。


Face_kenichi

…………ごめん……


Face_ami

あ、謝らないで、ください……兄さんは、いつも……私の事を、考えてくださいますから……


Face_ami

それは嬉しい…嬉しいのですが……それが、ネックになっているような気も、するんです


Face_ami

私は兄さんの笑顔が好きなのに、それが私の所為で見られない……


Face_kenichi

そうじゃない。断じてそうじゃないよ亜弥。いつも云ってるけど、もっと自分を肯定してくれ


Face_kenichi

亜弥は、最高の妹なんだ。だから俺も、暴走しがちではあるが亜弥に尽くしてるんだ。もっと尽くしたくなるんだ


Face_kenichi

だから……俺は、真理学園を、選んだんだ


Face_ami

真理学園は……


Face_ami

楽しい、ですか……?


Face_kenichi

正直、どっちとも云えない。ああ爽快だな、ってポジティブな感情を持った時もあったし、それ以上に不条理だなぁと思うことが満載だし


Face_kenichi

どっちも、切り捨てちゃいけない事実なんだろうな


Face_ami

不条理、ですか?


Face_kenichi

あんまりこの辺を話したことはなかったんだけどさ、俺って一応権力者なのに、その割にはちょっと俺の知らないとこで勝手に色々決められて、その度に冷や冷やさせられるんだよ


Kenichi

 主に特変破りとか特変破りとか特変破りとか。


Face_kenichi

自分が傀儡なのは承知なんだよ、少なくない額のお金貰ってるんだからな。ただ、どうしても……あの学園に居ると、自分が何なのか、分からなくなることがある


Face_kenichi

周りの変態クラスメイツはまぁ、好き放題暴れてるから満喫して嫌われてるわけだが、俺はそういうわけじゃない。志穂は馴染んでるように見えるのに、俺は未だに真理学園が、俺自身に定着してない。俺は真理学園が分からない。俺はただ、特変でしかない


Face_kenichi

……選んだ道を後悔はしてない。これは本音だ。だけど、きっと俺自身が上手くいってないと思ってることも、事実なんだろうな……


Kenichi

 口にしてみて、気付くこともある。


Kenichi

 俺が、今を楽しめていない、上手くいってないと感じている最大の要因。それは学園長に弄ばれてるのではなく……いや、実質ソレが主因なのは違いないんだけども。


Kenichi

 並々ならぬ決意で真理学園に来た割には、それから自己意思を発揮して突き動いている頻度が、少ないこと。
 俺は選んでもないのに、本当に傀儡の如く、勝手に試練が用意されて、それを処理する……超絶激務の事務仕事の毎日。


Kenichi

 ムカついていたのだろう。金を貰っている以上、甘んじて受け入れねばならないその理不尽に。
 しかし日々は忙しい。特変破りが起こればアイツらが騒いで、中にはちょっと訳ありな挑戦者もいて、そいつらと多少仲良くなったりして。
 美玲さんは俺の味方だと云ってくれた。優海町の人たちは、とても気さくで初見の俺のことももてなしてくれた。
 藤間兄妹には、強烈な親近感を覚えた。あの二人を見た時、特に藤間妹があの会場でなりふり構わず叫んだ時、俺は藤間と戦って良かったとすら思った。


Kenichi

 それら、プラスの感情が、持っていたって意味の無い奥底の負に蓋をしていたのだろう。
 だがそれを……亜弥は、見過ごしてはくれなかった。


Kenichi

 ソレがある限り、亜弥は俺が求める領域の幸福を抱けないと云うから……。


Face_ami

……学園長さんの求めには、応じなければいけない……


Face_kenichi

ああ。俺はあの人の理不尽を、拒否するつもりはないよ。文句は云うけど


Face_ami

……………………


 亜弥は、兄の腕の中で何やら深く考え出した。


Face_ami

……兄さん、私は学園長さんのことを、あまり理解はできていません。兄さんですら御しがたい存在ですから、会ったことのない私が解することは恐らくこの先想像を巡らしても不可能でしょう


Face_ami

ただ、それでも想像して……一つ、疑問を作ったんです。聞いて、いただけますか?


Face_kenichi

……もちろん


Face_ami

――学園長さんは、兄さんの行動指針を束縛しているのでしょうか?


Face_kenichi

――――え?


Kenichi

 一瞬だけ、亜弥が消えた。部屋が消えた。
 脳天が揺らぐ感覚よりも前に、一瞬俺の視界が暗転した。


Kenichi

 それは、静かな、衝撃だったのだと、後で分かった。


Face_ami

兄さんは、クラスリーダーで、学園長さんはそのクラスを維持して、特変制度による学園を発展させることを望んでる……と、一応前提にします……


Face_ami

ですから、兄さんはそれに関するお仕事を学園長さんから任された……しかし、その逆は?


Face_ami

学園長さんは兄さんに、「やってはいけないこと」を規定したのでしょうか――?


Face_kenichi

それは――


Kenichi

 ……………………ない。


Kenichi

 俺は、それを聞いたことがない。


Face_ami

私、思うんです。確かに学園長さんは、聞く限りとても自由活発で、自分の考えたことを実現させようと直向きに頑張る御方なんだって。それで、兄さんにもやってほしいことを色々頼んでいる……


Face_ami

でも、それは傀儡になってほしいということじゃなくて……同じく自由活発である特変に所属しているのだから、寧ろ兄さんもまた、自由であるべきだと考えられないでしょうか?


Face_ami

実行の難易度は一先ず置いておいて……学園長さんのお願いと、特変という自由な権力者としての兄さんは、両立しえないのでしょうか?


Kenichi

 言葉を学び、数式を学び、世界に憧れてきた亜弥が、亜弥なりの先入観と、それとぶつかり合わない論理で以て、俺に刺した鋒。


Kenichi

 それは痛みを伴いつつも……
 遙かにそれを凌駕し消し去るほどの、光沢かがやきを放っていた――


Face_kenichi

…………道が……


Face_kenichi

拓けたような、感触だ……


Kenichi

 何処から出ていたのかも分からない、抑も存在したかも定かじゃない、俺を縛り付けていた無数の糸が、ブチブチと千切れていく。


Kenichi

 それら全てとはいかないが……今ならば、


Kenichi

 動ける、かも、しれない――?


Face_ami

……私と一緒に、あれこれと料理のレシピを考えてくれる兄さんの顔が、私は大好きです


Face_ami

楽しそうな兄さんの顔が、大好きです……だから……


Face_ami

私は云える立場ではないのに、こんなことを云うのは失礼極まりないですが、兄さんはその顔を、学園でもしてほしいんです


Face_ami

私の大好きな兄さんを……兄さんの学友がたにも、理解してほしいです……


Kenichi

 これ以上ないほど、純白な想い。
 だから亜弥は、俺の“天敵”にもなり得るし、そうでない時に――
 俺を支える、これ以上無い宝物として君臨する。


Face_kenichi

……亜弥……


 謙一は、再び、少しだけ亜弥をギュッと抱きしめた。


Face_kenichi

……あんまり上手くいく気は、しないけどさ


Face_kenichi

まあ、ボチボチと頑張ってみるよ。俺も、俺が心の底から楽しいって思える時間を……


Face_kenichi

亜弥の為に、探してみようと思う


Face_ami

そこは私の為でなくても――でも嬉しいですにへらにへら……



Kenichi

 ……亜弥の為となるならば、仕方無い。
 亜弥の優しさも、甘んじて受け入れて……俺もまた、美甘のように――


Kenichi

この場所で、自分を試していく――


Kenichi

……………………。


Kenichi

しくも、その時はすぐ、訪れた。


藤間磔刑


Kenichi

俺は、何一つ躊躇してやる必要なんか無いのだと――


Kenichi

ようやく、自分に割り切ることができたのだった。


PAGE TOP