「特変」結成編3-5「開戦の朝(2)」

あらすじ

「来いよ、折角の祭りの時間だ。全力で遊べや――」☆「「特変」結成編」3章5節その2。GAC101会場にて400対1がしっかり現実化されるわけですが、謙一くんは何だか楽しそうです。※いよいよ革命章本番に入りましたが、予想される通り、藤間兄妹のエピソードよりも遙かに長いです。

↓物語開始↓


Face_kenichi

観客あんまり盛り上がってないけど、始めて良いもんなのかねえ


Kenichi

 ……ま、拝田の云ってたことが的を得てたってことだ。全員九条と同じ壁にぶつかってしまっているのだろう。


Kenichi

 って会場を舐めるように見回しながら指定位置に到着した時点で、もう400人の敵に囲まれてるね俺。


Face_kenichi

沼谷と相楽ちゃんは……まだ見えないな……


Kenichi

 そりゃそうだよ、400人居るんだもん。
 しかし相手側の大将が何処に居るのかは一瞬で分かる。


Face_kenichi

自己主張強すぎね!?


Face_hiraga

やあ!! 君とこうして顔を合わせるのは初めてだなぁ後輩くん!!


 一言でいえば、神輿。
 十数人の大男たちによってわっしょいわっしょいと支えられる、高塔の神輿にふんぞり返り、メガホンで蟻のようなたった一人の敵へ言葉を贈る。


Face_hiraga

僕の力、しっかりと理解してくれたかな? 君ならば、今回の絡繰り総てに気付いているだろう?


Face_kenichi

あれが、平賀利家か……


Kenichi

 超楽しそうだな。正直俺も、あの神輿乗ってみたい。
 それだけに――


Face_kenichi

残念、だなぁ……


Kenichi

 ――楽しみだなぁ。


Face_hiraga

……君は優秀な人材だ。あの銘乃翠が気に入ったんだ、それはもう、数万人に一人とでも云っておくべき強大な人材だったのだろう。実に惜しいよ、こんなことにならなければ、僕の懐刀として迎え入れても良かったのに……!


Face_hiraga

まあ、切れすぎるのも問題だからね。君は……不合格だぁ、ここの歴史に刻まれることなく、この僕の歴史の礎にでもなってくれ!!


Face_ikarida

…………囲め。決着をつけるのは、誰でもいい


 指示が回り……
 謙一は、更に囲まれる。
 殺気の圧が高まる。


otherside

Stage: 職員室


Face_so

ケンパイ、いきなり囲まれたけど!?


Face_mikan

謙一、逃げてーーー!!


Face_nagi

逃げ場ないでしょ彼処に。というか、平賀ちょっと恥ずかしくないのアレ?


Face_joe

……………………


Face_nono

情さんが大変機嫌悪いです、どうしましょう先生


Face_kaoru

なんんんんんで私に振る!? 私にアレ近付けさせるとかこんな時でも核弾頭かアンタは!!


Face_caro

皆ちょっと、毎日の礼拝ちゃんと聴いてる……?


Face_keji

聴いてないでしょー


Face_fui

……………………


Face_midori

譜已ちゃん、信じてあげましょ? 貴方が信頼している、先輩なんだから


Face_fui

…………お母さん…………


Face_fui

何で、謙一先輩にちゃん付けで呼ばせてるの――?


Face_midori

え、そこ……? 今そこ衝いてくるの!? ちょっとこんな時でも怒ってくる譜已ちゃん可愛いわ~(逃)!!


Face_kurousu

自由だなアンタら。そして楽しそうだな


Face_eita

ふふ……そう見えますか?


Face_saya

……対策は、してるんでしょーね。私のアレを貸してあげたんだから、しっかり無傷で返してよリーダー


Face_shiho

…………


otherside

Stage: GAC 101会場


Face_natsukawa

こんにちは、特変の管理職さん


Face_kenichi

夏川先輩っすね。どうも


 まず一番近付いてきた女子と、ナチュラルに会話を始める謙一。
 その時点で、もう気味の悪いこと仕方無かった。


Face_natsukawa

……どうして、私を?


Face_kenichi

こんなのどうしようもないんでね。やることもないし、暇だから2年と3年の情報を眺めてました


Face_kenichi

多分、この場に居る人、8割ぐらいは俺名前答えられますよ


Face_natsukawa

……………………


Face_kenichi

んで、何の用ですか? まあそんなの訊くまでもないっすけど、態々声をかけてきたってことは何か云いたいことでもあるんでしょう?


Face_natsukawa

何なの……アンタといい佐伯といい、後輩のくせに生意気で……


Face_kenichi

怖いですか?


Face_natsukawa

ッ――


Face_kenichi

アンタのことは乃乃から聞いてる。藤間妹に最悪のタイミングでちょっかいかけたらしいじゃないすか


Face_kenichi

安田って人も一応名前覚えてきましたけど……その件、俺は結構怒ってるんですよね


Face_natsukawa

ハッ――! だから何だってのよ! アンタはこの場所、この状況で!! 私たちに仕返しができるって!?


Face_natsukawa

虚勢もたいがいに――


Face_kenichi

人にはそれぞれ、パーソナルスペースというのが存在している


Face_natsukawa

ッ――?


Face_kenichi

大体こう……肩肘60センチ分。これ以上、距離を詰められると本能が嫌だと拒絶をみせるんですよ


Face_kenichi

それに加えて、そのすれすれの間隔で物事を判断するのではなく、確実な理性で以てやり取りできる距離感というのがビジネス距離っていうらしいですね


Face_kenichi

つまり今、俺と夏川先輩はそのビジネス距離で話してるってことになります。理性で、コミュニケーションをしてる


Face_natsukawa

だから――


unknownkino


Face_natsukawa

何だって――!


 “機能”の発動を“宣言”しながら、夏川彩萌はその距離を更に縮めた。
 その距離は、軈て――



 ――60センチを切る。


Face_kenichi

分かりませんでしたか?


blood1


 刹那。


 少量の血が、宙を旋回しながら――
 その持ち主たる夏川彩萌はそれ以上声を発することもなく、地に転がった。



Face_kenichi

――そっから先は、俺の“本能”が出るっつってんだよ


Face_hiraga

な――


hiraga

 今のは……
 何だ――?


Face_yasuda

ッ――かかれ!! 数で、攻めれば何の問題もねえだろ!!


 指示が飛ぶ。
 だが彼に近付いて何が起きたのかの違和感は拭えず、結果中途半端な勢いのまま、ただ突っ込むに至った5人が――


blood1


 夏川彩萌と全く同じ結果を辿り、首が回った。


Face_kasyo

ほう……


Kasyo

 あのやり方は、地上社会のモノじゃないな。全く俺の知らない“コンセプト”――


Face_kasyo

暗殺技術と云われても、納得してしまいそうだ。見事な手つき


Kasyo

 それだけに――
 奴の素性のおかしさが露呈するが……


Face_kasyo

それを隠すつもりは、もう無いと来たか――面白い!!


Face_kenichi

来いよ、折角の祭りの時間だ。全力で遊べや――


Face_kenichi

首がねじ曲がって四肢が跳んでも、ヒトは踊れるんだからな


PAGE TOP