「特変」結成編0-4「花と嵐と七転八起」

あらすじ

「特変なんて、欲しいものじゃない」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」0章4節。堀田美甘ちゃんを最初として、始まった特変面子との事前接触。続く面子――烏丸凪ちゃんはハッキリと自分が特変反対派であることを表明してくるのでした。そんなことを云われても困る謙一くんは、更に二人の後輩とも再び出会うのでした。

↓物語開始↓


Face_kenichi

よく覚えたよ、堀田美甘ね……


Kenichi

あと、7人……


Kenichi

こんな疲れることを、あと7回繰り返すの――?


Face_unknown

――なら、辞めればいいのに


Face_kenichi

……!




Kenichi

……容赦、無い。


Kenichi

本当に容赦無い言葉。


Face_nagi0

大人の勝手に、附き合う必要もないでしょうに


Kenichi

俺のことを心配するようで、その意思は全く存在しない。


Kenichi

ただ、本音。


Kenichi

自身の意思をそのまま表す、平行線の音が、


Face_nagi0

胃を痛めるだけ


Kenichi

夕陽に赤く染められる教室に、


Kenichi

俺の頭に静かに響く……


Face_kenichi

……さながら、悪魔の誘惑、てか


Face_nagi0

貴方にとっては天使の手であるように思ったのだけれど


Face_kenichi

いんや、悪魔さ


Kenichi

真理学園、入試でも入った校舎。その教室の一つ――B3A。


Kenichi

その最も廊下側、前から2番目の席に予定通り座り、何かの本に目を落としたまま、後ろから教室に入ってきた俺との会話は続いていた。


Face_kenichi

この学園長の野望に協力することに、ホントに私的なメリットが伴う。俺はソレを捨てたくない


Face_kenichi

それを捨てろっていきなり勝手に云ってるその声をどうして天使と解釈できるよ


Face_nagi0

……正直なところ、貴方のメリットなんて、私にはどうでもいいの


Face_kenichi

うん、分かってた


Face_nagi0

大事なのは、私にとってはメリットなど存在しないこと


Face_nagi0

そんな計画を現実化しようとしてる学園長側、つまり貴方は悪魔に他ならないこと


Face_kenichi

…………


Face_nagi0

特変なんて、欲しいものじゃない


Kenichi

……先日に比べれば、まぁ声が聞けてるわけで嬉しい。


Kenichi

でも堀田美甘並み、下手すればそれ以上に厄介な感じがする、このコミュニケーション。


Kenichi

本気だ。やっぱり本気で云ってる。
この烏丸凪という女子は、見知らぬとはいえ、俺に心情を寄せる気配を一切見せない。自分のことしか考えていないんだ。
ある意味堀田とは、比べものにならない絶壁の拒絶。


Face_nagi

……波を、立てないで


Face_kenichi

波?


Face_nagi

それさえ心掛けてくれるなら、多少の我慢はしてあげる


Kenichi

これ以上の話の延長は不必要と判断したのか。
烏丸凪は結論を持ってきて、立ち上がる。


Face_kenichi

ちょ――


Kenichi

そしてバックを右手に持って、前の扉から出て行った。


Face_nagi

私が欲しいのは簡単に云えば――


flashback_return

Stage: ユストビ チェリブラ



Face_kenichi

――平穏、なんだってさ


Face_so0

うわぁ……


……回想が終わって、時はその翌日の日曜日に戻る。


場所は教室でなく、優海駅。


その直結した商業ビル――「」の3Fのカフェ「」で週末の精神的疲れを癒やそうとしていた。


しかしそれは単なる休日とはなってなかった。




Face_so

何というか、初見の人にもそういう態度取っちゃうところ流石というか……


Face_fui

う、うん……


謙一は女子中学生二人とホールケーキを囲んでいた。


チョコレートでコーティングされまくっている、3人で全て平らげるには少し気力を要する大きさである。


Face_kenichi

二人は烏丸のこと知ってるの?


Face_so

有名だしねー


Face_fui

というか、そもそも知り合い、です……


Face_kenichi

え、マジで


Kenichi

どう見てもり合わなそう。


Face_so

私的には知り合いって事実を抹消したいぐらいなんですけどねーあーホント、萎えるわ~……


Face_so

譜已ちゃんと一緒のクラスならまぁいいかなとか思ってたのに、アレまで居るとかさぁ~~……


Face_fui

あ、アレとか云っちゃダメだよ奏ちゃん……


Face_kenichi

…………


Kenichi

……そう。
烏丸の悲劇(個人的な感想)から翌日。


Kenichi

俺はまたしても特変のクラスメイトと会っていた。この二人だ。


Kenichi

一人はもう既に母親から紹介されていたというか、一緒にショッピングを経験済な銘乃譜已ちゃん。


Kenichi

そしてもう一人が、受験の時にもお世話になった女子……
自称譜已ちゃんの親友・二邑牙じおうがそうだ。


Face_kenichi

何というか、普通にコミュできる奴も居て心底安心してるよ俺は……


Face_so

そりゃそうですよ、譜已ちゃんは兎も角この私は問題児じゃないですから!


Face_fui

(えっ、私は問題児なの……?)


Face_so

そんなに迷惑かけませんよ! えっへん!


Face_kenichi

何だろうな、それ全部フラグにしか聞こえない気もしなくもないが、まぁ期待はしておくよ


Kenichi

でもそう付き合いも築けてない中でいきなり、


Kenichi

「バレンタインのプレゼントとかしてくださいよ!チョコとかケーキとか!」


Kenichi

と一週間前のイベントを引っ張って要求してくる女子だからなぁ。


Kenichi

譜已ちゃんが居なかったらチョコではなく肘チョップを喰らわせてたところだ。


Face_so

でも翠さんも、ホント何考えてるんだろうねー……


Face_fui

うん……


Face_kenichi

ん? 譜已ちゃんの母親のこと知ってるんだ


Face_so

そりゃ大親友ですから!


Kenichi

大親友だと母親のことも知らなきゃいかんのか。
でも、まぁあの母親なら嫌でも知り合ってしまいそうだなぁ。


Face_so

割と機密情報もペラペラ話しちゃう人なのに、特変なんて企画は全然聞いたことなかったね


Face_so

譜已ちゃんが知らないレベルだもん、ビックリだよ


Face_kenichi

あの人が引き続き学園長をやれてることに俺は甚だビックリだよ


Face_so

それも、譜已ちゃんを巻き込んでの制度だから……何か嫌な予感しかしないんだよねー……


Face_so

翠さんはきっと楽しいんだろうけど、当事者わたしたちからすればどんな新学期が待ってるのか、ネガティブなドキドキが止まらないよ……


Face_kenichi

その辺、多分俺は立場上知ることできそうだけど、まだ話してくれてないんだよな……


Kenichi

その前に半強制的にこのメンバー紹介、みたいな期間入っちゃってるわけで。


Face_kenichi

クラス構成は俺を含めて9人。今分かってるのは堀田と烏丸、んで目の前の二邑牙と譜已ちゃん。あと4人も居るのか……


Face_so

井澤パイセン、何で譜已ちゃんのこと譜已ちゃんって呼んでるの? これは関係を疑っておくべきかな譜已ちゃん……


Face_fui

何で本人に訊いちゃうの……べ、別に奏ちゃんが怪しむような関係なんて無いよ……?


Face_kenichi

俺の場合学園長と親密な付き合いしてかなきゃいけない気がしてな、それ考えたら名字の方で呼んでるとややこしくなりそうじゃん


Kenichi

それに譜已ちゃんは譜已ちゃんって呼びたい謎の引力があるというか。


Face_so

まぁいいですけどー……でもあのマンモス校で9人って、半端ない少人数ですよ


Face_kenichi

……確かに。9人が世界的にも少人数なのはイメージしてたけど、抑もあの学校の在籍人数考えたらあり得ないよな


Face_so

私が知ってるクラス構成数はざっくり云って35人~50人です。それぐらいに分けていかないと余りが出ちゃいますから


Face_kenichi

何でそんなに入学してんの皆……


Kenichi

学費とか優先で俺はあんまり調べられてなかったから、学校のこと知らないんだよな。今のところ良いイメージが殆ど無いんだけど真理学園。


Face_so

詳しいことは実際に入学してから肌で感じてくれればいいけど、あそこってとんでもない制度持ってるからねー……


Face_kenichi

制度? 特変以外に何か特異なものがあるのか?


Face_fui

えっと……一言でいっちゃうと、寮制度、です


Kenichi

…………。


Kenichi

寮制度?


Face_kenichi

それが変なのか?


Face_so

ホントに一言で終わらしちゃったよ譜已ちゃん。でも、そういうことでーす


Face_so

真理学園が世間やMSBから嫌われてる理由が、この寮制度を作っちゃったってことと、学園長が翠さんってこと


Face_kenichi

…………


Kenichi

適度にまとめられてしまった。


Kenichi

どういう、意味なんだろうな……。


timeskip

Stage: ユストビ チェリブラ



ケーキを満喫した三人は、館内を適当に歩いていた。


4Fは服飾や雑貨を扱うお店が立ち並んでいた。


Face_so

パイセン、あのコート~


Face_kenichi

却下だ


Kenichi

これ以上無駄遣いできるかっての!!


Face_so

まったく、この一般人側の二邑牙奏が特変に入ってあげるというのに、貢ぎが足らないと思うんです!


Face_kenichi

ぶっちゃけると俺はお前を普通の人間とは見てない


Face_so

え、何で、私全然烏丸凪とは違うでしょ――


Face_so

アフェアアアッ!!?


奏は全く何も置かれてない平地で顔面から転けた。


Face_kenichi

……まぁそこだな


Kenichi

既に5回は顔面ダイブを隣で繰り広げてるこの女の子。


Kenichi

何ていうか、ドジっ子の類いなんだろうけど、一緒に歩いてると何か恥ずかしい思いに駆られるってところがポイントだ。


Face_kenichi

譜已ちゃんも大変だな、こんな奴を友達に持って


Face_fui

あ、あはは……


苦笑でさりげなく肯定こうていする親友である。


そんな騒がしい三人。


Face_unknown

……お~ぅ


Face_kenichi

ん……?


本日日曜日、すなわち休日に羽目を外して駅ビルを歩いていた男性らの目にも、好奇に映ったようだった。


Face_yotteru

大丈夫か嬢ちゃ~ん? どう、顔見せてみ~?


Face_yotteru

へへっ、中々に可愛い奴二人と、要らねえイケメンが一人か……丁度いいな☆


Face_kenichi

おぅ……


Kenichi

何て雛形ひながたな酔っ払い。


Kenichi

てか要らねえイケメンて云うな。


Face_yotteru

なぁ今からそこのお二人、俺らとお茶でもして合コンしない?


Face_so

え~、さっきホールケーキで洒落しゃれたばっかりだからぁ~……


Face_yotteru

んだよ先越されてんのかよ! じゃあ何でもいいから、俺らと遊ぼうぜ~?


Face_so

じゃああそこのコートで洒落ようよ~☆


Face_kenichi

コイツも酔ってるんじゃねえか?


Kenichi

取りあえず物欲にくらみまくってる後輩女子に肘チョップをかましておく。


Face_so

いった~~~い……!?


Face_yotteru

おいおいDVっていうんじゃねえのかそういうの! 俺らそういうの許せないんだよね~!


Face_yotteru

イケメンだからって調子こいてるんじゃねえぞゴラァ!


Face_kenichi

基本的にこの一ヶ月は一方的に調子狂わされてばっかりなんだよなぁ


イケメンは否定しない謙一である。


Face_fui

い、井澤先輩……


Face_kenichi

下がってて譜已ちゃん


Kenichi

ま、折角ぼっち属性な俺が後輩の盾になれてるわけだし……


Kenichi

可愛い女の子を護るっていうこれ以上無い美味しい展開、見逃すのは思春期男子としてあり得ないわな。


Face_so

よっしゃ、譜已ちゃんは私が護っときますからパイセン頑張ってー!


Face_kenichi

お前は別に遊ばれてもいいんだけどな


Face_so

パイセン後で泣かしますー!


突然の戦闘にシフトである。


Face_yotteru

オイオイ……2対1、かっこつけんなよイケメンがぁ!!


Face_kenichi

あんたらはもうちょっと格好を気にした方が良いと思うんだけどな


Kenichi

ナンパは悪くない文化とも思うが、残念ながらこの時代この地域ではそう良くは映らない。


Kenichi

異質な光景ってのは早々に摘むに限るのだ。


Face_yotteru

……“機能表示――


unknownkino
Face_yotteru

――五臓不全の提灯イリックバーナー』”!!


Face_yotteru

『千罪一遇』”!!


Face_kenichi

……いきなり“機能”使ってきやがった


Kenichi

――“機能”。


Kenichi

俺達人間が各々持つ、拡張能力・・・・


Kenichi

その全貌は脳同様にまっだまだ謎に包まれてるが、一般民衆にとって大事なのは、使用できるってこと。
つまりその力を使って、自分の願いを叶えようとする人たちが居て、彼らによって被害を受けんとするからその力で身を護ろうとする人たちも居て。


Kenichi

犯罪社会と化したこの世界で、“機能”を含めた自身の力は、いつしか「護真術ごしんじゅつ」とさえ呼ばれるようになった。


Face_kenichi

それを、こんなタイミングで使いますかね……


Kenichi

確かに、2対1は不利。
それも“機能”なんて使われちゃうと、病院が見えてくるレベルで危険。


Face_noname

【奏&譜已】「「…………」」


Kenichi

……後ろの後輩たちの、見守る眼差しがよく分かる。


Kenichi

そんなに、心配するなって。


Face_yotteru

おら、早くそこ退けよー! じゃねーと……


Face_yotteru

もっと情けない目に、遭うぜ……!


Kenichi

4月から一緒のクラスではあるが……


Kenichi

伊達に1年先輩はやってねえよ――!


Kenichi

見せてやる、格の違いってやつを!!!

sky1

Face_kenichi

――おまわりさあぁあああああああああああああああああああん――!!!!!


謙一は圧巻の行動かくのちがいに躊躇いなく着手した。


Face_yotteru

!?!?!?


Face_yotteru

!?!?!?


Face_fui

えぇええッ!!?!?


Face_so

ちょ、パイセン!? 井澤パイセン!? 何やってるんですか!?


驚いた奏が思わず謙一にダイブ。


Face_kenichi

えっ、何って、大人に助けをうてるんだが……


Face_so

この流れで!? ここはパイセンが自力で障害ける流れだよね!?


Face_kenichi

俺は使えるものは惜しみなく使う主義だ


Face_so

かっこつけんなかっこ悪いから!!


Kenichi

でも無闇に暴れてお店に迷惑かけて、損害賠償ばいしょう請求とかされたら痛手過ぎる。
後々俺らが無意味な損害を受けない為には、コレが一番なのだ。


Face_unknown

……オイ


Face_yotteru

ん……――!?


Kenichi

そう、コレは最初から2対1なんかじゃない。
最初から不利なのはアンタらの方だったんだ。


Face_omawari

そんなに遊びてえなら、暇なおじさん達が遊んでやるよ……?


Face_yotteru

ちょ――


見た目的には2対7。


しかし実際は周りにお店があるわけで、女の子が絡まれて困ってるという構図を見てどちらに味方につく者が多いかは瞭然であり、
そんなわけでもっと多数の力が酔っ払い二人に圧力をかけていることは、二人自身が一番よく理解できる事実だった。


Face_omawari

何して遊ぼうか? そうだなぁ、全裸麻雀とか久々にやろうか? お前ら二人でな!


Face_yotteru

いや、ちょっと――


Face_omawari

つーことで、地下一階の俺らのバックヤードにご案内だぁ。もてなしてやるよー!


Face_omawari

「「「ひゃっはー!!」」」


すんなりとおまわりさん達にすっかり酔い醒めた二人が連行されていった。


奏の想像していた戦闘は全く以て起こらなかった。


Face_so

……………………


Face_fui

……………………


Face_kenichi

ふぅ……良い仕事したぜ✨


Face_so

いやぁ、まぁ、女の子二人は確かに無傷ではありますがぁ……


Face_fui

あ、あはは……


Kenichi

凄いジト目を喰らってしまった。


Kenichi

つってもこれが最善策だったからなぁ……


Kenichi

俺、あんまり……護真術引き出したくないし。


PAGE TOP