「特変」結成編2-3「合唱(2)」

あらすじ

「『INVISIBLE-SCORE』、指揮はこの井澤謙一が務めます」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」2章3節その2。強敵特Bを前に、特変の合唱がスタートする――と思いきや、なんと前説でこの回終わります。

↓物語開始↓

flashback



Face_kenichi

【謙一】

……で、何ですか学園長、いきなりミーティングだなんて


Kenichi

 特変制度を作った人ではあるけども、今までこういうダイレクトな絡み方をしてきたことはなかった。
 もしかして、今回の特変破り、流石に部が悪いと思って助け船を――


Face_midori

【翠】

衣装チェンジをしてみようと思うの~☀


Kenichi

 そんなことはなかったのが確定した。


Face_kenichi

【謙一】

はぁ? 衣装、チェンジ……?


Face_fui

【譜已】

衣装って、この制服……? 学園の制服新しくするの? もう新年度スタートしちゃってるのに……


Face_midori

【翠】

ううん、制服は変えないわ~。割と最近リニューアルしたばかりだもの~それに今どき帆なんて実用的じゃないもの身に纏え、なんて云ってるM教主義学校も少ないわよ~。レア感は大事にしていかないとね☀


Kenichi

 云っても無駄なことはもう分かってきてるが、そんなチャラい判断基準で良いのだろうか。


Face_so

【奏】

でもこの学園の制服、結構自由が利いてるよねー。カラーとかスカート丈とか、自分で決めていいんだもんね!


Face_nagi

【凪】

……そんな、別に生活に困る要素はそこまで無い衣装に私は特に不満を抱えていないのだけれど、その平穏を今回は一体どう乱してくれやがるのかしら翠さん?


Kenichi

 凪の機嫌が頗る悪くなってきてる……それなりに学園長とも附き合いあるってことだし、何か俺以上に嫌な展開を察知しているのかもしれない。


Face_midori

【翠】

ほら、真理合宿から少し経つけど、だいぶ特変が特変って感じにイメージ固まってきてるじゃない~?


Face_kenichi

【謙一】

実感無いんですけど


Face_midori

【翠】

私は確信してるわよースタート切れてるって。だから、しっかり特変がスタートできた記念に、更にハッキリ他のクラスと一線を画すような工夫を私の方から提供しちゃおうってね~


Kenichi

 これまた最高に余計なお節介を……!


Face_midori

【翠】

取りあえずビジュアルから改革しちゃいましょう! 一般クラスと同じ制服システムで我慢なんか、する必要ないのよー!


Face_fui

【譜已】

全然我慢なんかしてなかったのに……お母さんがスカート丈強制しちゃった事以外は……


Face_fui

【譜已】

ま、まさかもっと私に辱めを……


Kenichi

譜已ちゃん、お母さん相手だとちょっと饒舌になるみたいで可愛い。そして不憫。


Face_midori

【翠】

そう怯えなくてもいいのよ~。私、ファッションセンスは良いってお友達に結構評判だったんだから~☆ だから、大船に乗ったつもりで、何もかも委ねればいいのよ~


Face_fui

【譜已】

お母さんの友達は皆お母さんみたいな人たちばっかじゃん……


Face_saya

【沙綾】

類友ってやつねー(←動画見ながら)


Face_nono

【乃乃】

ファッションセンスと聞くと、何やら奇抜な匂いがこれまたプンプンと


Face_shiho

【志穂】

取りあえずハゲにはズラ被せとこうぜ


Face_kenichi

【謙一】

ハゲてねえ、見ての通り不要だろうが


Face_so

【奏】

いやいやハゲパイと呼ぶには寧ろソレが不要ですって、尚更NAMIHEIスタイルのズラが必要じゃないかと


Face_kenichi

【謙一】

どうしてどいつもこいつも俺をソッチ方面で呼びたがるんだ、何よりそれが重要なんだッ……!


Kenichi

どう考えてもどう見ても俺ハゲてないのにッ……!!


Face_midori

【翠】

ズラは全然考えてないわよ~。コレは貴方たちを偽りなく存在させる為に打ち出した企画なのだから、逆に貴方たちを偽るような真似はしたくないわー


Face_midori

【翠】

取りあえず謙一くんはスーツね☆ 仕事人だもの


Face_kenichi

【謙一】

ソレが俺の本質であると!? 嫌だ俺もっと楽に暮らしていきたいのに!!


Face_joe

【情】

テメエは老後になる前に死にそうだ


Face_saya

【沙綾】

死因:胃薬の飲み過ぎ(←動画見ながら)


Face_kenichi

【謙一】

(~,~)(~,~)(~,~)(~,~)(~,~)(~,~)
(↑いじけた)


Face_mikan

【美甘】

ああもう、また床に「I want free.」って書き始めたぞ……! こうなると立ち直るまで長いんだからな……!


Face_saya

【沙綾】

でも、毎日スーツだなんて大変ねー。何で学生のうちから身だしなみ気にしなきゃいけなくなるのよー。まあ私じゃないから大いに構わないけどねー(←動画見ながら)


Face_midori

【翠】

ノンノン。謙一くんのスーツは、本番の時だけ


Face_so

【奏】

……本番?


Face_midori

【翠】

これからの皆の衣装は、大きく分けて2種類。「通常用」と「破壊用」


Face_fui

【譜已】

すっごく不吉だ……


Face_midori

【翠】

通常用は、毎日着ていくものねー。コッチは私服みたいに、色々パターンがあっていいと思うわー。てかもうぶっちゃけ普通に私服ねー。逆に制服じゃダメよー他クラスと被るから


Face_midori

【翠】

できれば皆、それぞれキャラ立ってて被らないような服選びしてくれるといいけど、その辺は皆の感性にも任せるわー。ただ、ちゃんと意識して選んでねー


Face_nono

【乃乃】

学園長、ぶっちゃけ私にはハードル高いです。制服がいいです、服選ぶの面倒いです


Face_saya

【沙綾】

私もー。制服着こなすのって学生の特権でしょー? 帆は付けるの面倒いけどー


Face_midori

【翠】

むむ……まあ、そうねー他クラスとちゃんと区別化できるような工夫をしてくれるなら、認めるわー


Face_kenichi

【謙一】

どんだけ俺らを独立させたいんだ……


Face_mikan

【美甘】

あ、立ち直った……


Face_kenichi

【謙一】

んで、それが今俺らの着てる日常的なユニフォームの代わりになる私服……「通常制服」の説明ですよね


Face_kenichi

【謙一】

それじゃ……「破壊用」っていうのは何なんすか? 文脈から察するに、俺のスーツってのはソッチなんでしょ?


Face_midori

【翠】

貴方たちは、破壊宣言を使うようになったわー


Face_so

【奏】

破壊宣言? 何ソレ?


Face_kenichi

【謙一】

元はといえばお前が云いだしたお陰で作る羽目になった号令みたいなもんだな。刃を持てってやつ


Kenichi

 真理合宿帰りのバスで学園長から教えてもらったが、どうやらこの言葉はあの場の思いつきではなく、昔に誰かが使っていたモノらしい……その当時、それに付けられていた名称が「破壊宣言」。


Kenichi

 今のところまだ1回しか使ってないし正直恥ずかしいことこの上無いが、俺らはこの破壊宣言という概念を所持してしまっているわけだ。


Face_midori

【翠】

私としては、アレは沢山使ってほしいのよ~。文字通り、何かを破壊しにかかる時……貴方たちが本気を出すような場面に出くわした時に、一種の儀式としてね~。すると私の気分が盛り上がるわ~


Face_midori

【翠】

具体的には、特変破りの時とかね~


Face_kenichi

【謙一】

……読めてきたぞ、つまり破壊宣言がまぁ似合ってくる場面の時には本番服を着てると学園長が更に盛り上がるって事か


Kenichi

 結局学園長をハイにさせるために俺らは衣装まで整えろってことか……これまた俺ら当人は気分の乗りづらいシステムが……。


Face_midori

【翠】

こっちについては、もう私の方で特注を頼んでるわ~9人分


Face_so

【奏】

……え!? もう発注済み!? 採寸は!?


Face_midori

【翠】

そんなのしなくても何も問題無いわよー。私の眼に狂いは無いから


Face_fui

【譜已】

……確かに、お母さん、勝手に買ってくる服全部、私にピッタリなサイズ……


Face_kenichi

【謙一】

ホント何でもできるんだなこの人……超人過ぎるわ……


Kenichi

 一体俺のどこまで、あの裸エプロンの眼は見極めているのだろうか……
 てか他人の服選ぶ前に自分の買えよ!


Face_midori

【翠】

特変破りは手続き処理の過程上実質、並行不可の先着順。貴方たちの次の本番――正式な特変破りは、合唱祭。まだ時間はあるし、その間に届くわ~。奇襲型だと服を整える暇は無いから通常のままでOK♪


Face_midori

【翠】

通常服の方も、今日いきなり云われて揃えるのも難しいかもだから、ゆっくり替わってくれればいいわ~。一気にガラッと変えるのもいいけど、時間をかけて変わっていくのを観察するのも、飽きが無くて楽しいわよね~


Face_so

【奏】

……翠さんの、チョイスする私の勝負服、かぁ……


Face_nagi

【凪】

……………………(←頭痛)


Kenichi

 あぁ……学園長をよく知ってる奴らの反応が真摯に物語るようだ……。


Kenichi

 コレは、俺らがどうこうする以前から、合唱祭はロクな思い出にならなさそうだぞ――



flashback_return



 ステージは、またどよめいた。


 特変もまた、先の特B同様に少人数で編成されたクラス。それだけならば「先手」を取った特Bほどのインパクトを観客に与えることはできなかっただろう。


 しかし実際、観客が何より驚いていることは、登場の仕方である。
 スッと静かに、一人一人が壇上を歩き整列するのではなく……


Face_joe

【情】

邪魔だ


 まず後列用の台を、情が隅っこへ蹴飛ばし、


Face_saya

【沙綾】

はぁ~~~~めんどくさーーーーーーい


Face_nono

【乃乃】

えっほ、えっほ、えっほ


Face_nagi

【凪】

コレどこに置けばいいのよ


Face_so

【奏】

えっと、確かその辺――グベシッ(←転けた)


Face_fui

【譜已】

このコードは、確かコレに挿して……


Face_mikan

【美甘】

あれ、このケーブル絡まってんじゃん……譜已、ちょっとそっちから、引っ張って……


Face_fui

【譜已】

はい。せーの――(←引っ張る)


Face_so

【奏】

ぐぇぇぇぇぇぇ――!?!?(←首が絞まる)


Face_mikan

【美甘】

何で奏の首まで絡まってるんだよ!? 譜已、待ったストップ、ストーーップ!!


 彼含めて、7人が機材を運び、セッティングしていく。
 因みに誰もが異なる衣装に身を包んでいた。


Face_noname

【noname】

【町民】「こ、こんどは何だぁ!?」


Face_noname

【noname】

【町民】「おいおいおいおい合唱祭は!? 合唱すんじゃねえのか!? つーか制服じゃないし!!」


Face_noname

【noname】

【町民】「そもそも特変って何だ? クラスの名前なのか?」


 その騒ぎは特Bの時を遙かに凌いでいた。
 その一人ひとりの動揺を、ステージから降りて観客席へと戻っていた特Bは具体的に知覚せざるをえなかった。


Face_akitsu

【秋都】

あ、あれ? 謙一くんは……?


Face_yukina

【雪南】

いや見えない謙一よりも見える奏ちゃんを心配しようよ


Face_yuzuyu

【柚子癒】

あ、出てきた……すっごい具合悪そうな残り二人が


Face_akitsu

【秋都】

謙一くん、まさか体調悪いんじゃ……!?


Face_mirei

【美玲】

彼よりも秋山さんの方が凄く顔色悪いよ徳川さん……?


Face_akitsu

【秋都】

ああ……謙一くん……風邪かな、こんなことならパ〇ロン持ってこればよかったかな――!(でも苦しそうなスーツ姿の謙一くんもすんごい視界の引力だぁああ~~……!!✨)


Face_mirei

【美玲】

……………………


Face_yuzuyu

【柚子癒】

……………………


Face_sia

【シア】

すごい、どよめき……


Face_sia

【シア】

私たちの、時よりもすごい……


Face_mera

【目羅】

……ああ


Mera

 まるで、私たちのことをもう忘れてしまったかのように……
 全ての観客が、ステージに釘付けになっているのが感じられる。私たちだってその一員だ。


Mera

 しかし、彼らはまだ歌ってもないし、整列してすらない。
 「準備」しかやっていない。だというのに、このインパクトは……私たちの先手とは、比べものにならない――!


Mera

 それにしても……準備、か。
 一体彼らはこれまでの3週間……何を準備してきたんだ――?


Face_mera

【目羅】

一体……何を始める気だ――


Face_kenichi

【謙一】

うぇぇぇ~……気持ち悪いよほんと、お前ら何してくれてんだよ


Face_so

【奏】

ケンパイが譜已ちゃんに嫌がらせしたのが悪いんでしょー


Face_nagi

【凪】

誠に腹立たしいことではあるけれど、そこのゆでだこに同意


Face_fui

【譜已】

……///


Face_kenichi

【謙一】

んで、俺は……ここに立てばいいの先生?


Face_kaoru

【薫】

ステージ出る前に確認しなさいよ! てか、もう既に滅茶苦茶だけど読むの!?


Face_kenichi

【謙一】

そうしないと最後まで理解不能で終わっちゃうでしょ……


Kenichi

 動揺しているうちに全部済ませるのも、まぁ悪くはない手だとは思うが、確実に票を奪うにはある程度の種明かしをした方が良いと判断した。


Kenichi

 ということで、まぁ合唱コンクール恒例というべきか、代表者が発表内容について説明しとくっていうのを敢えて俺らもやることにした。いや、普通他のクラスがやってることは自分たちもやんなきゃいけないんだけどな。俺もだいぶ毒されてきたのかな。


Face_kenichi

【謙一】

えっと、マイクは……入ってますね。じゃあ軽く説明を。まず俺たち特変についてを……


Face_kenichi

【謙一】

一応レゾン、だっけ、優海町のアプリで学園部から情報公開はされてるとのことなので、知ってる人もいるとは思いますが――


Face_kenichi

【謙一】

――俺たちが、特変。システム上、真理学園において学園長と同等の権力ちからを持つとされるクラスです


Face_kenichi

【謙一】

他と何が違うのか……それを説明しだすと長くなっていけないので割愛するとして、今必要とすべき情報は……


Face_kenichi

【謙一】

「特変破り」という概念です


Face_kenichi

【謙一】

道場破りをイメージしていただければ分かり易いかと思いますが、兎も角俺たちはこの合唱祭でも勝つ気でいます


Face_kenichi

【謙一】

皆さんに投票してもらうには、どうしたらいいか。どうやってA1の部で受賞するか……考えました


Face_kenichi

【謙一】

合唱祭を意識し始めてから、ずっと考えてきました。ライバルたちとどう差別化を図るか……


Face_kenichi

【謙一】

そう、差別化。俺たちはコレを重要視しました


Face_kenichi

【謙一】

皆さんが投票をする時、特に真剣に吟味する意思をお持ちの方は、たいてい比較検討をするでしょう


Face_kenichi

【謙一】

その為に必要なことは……そのクラスの発表が、しっかりと印象付いていること。光景が記憶されていることです


Face_kenichi

【謙一】

コレ無しに票を手に入れることは叶わない。たとえ合唱自体のクオリティが高くても、印象が無ければ得票は安定しない


Face_kenichi

【謙一】

云い換えれば、クオリティがたとえ他クラスに劣っていたとしても、印象が濃ければ、得票率を上げられる


Face_kenichi

【謙一】

勿論クオリティも妥協はしたくないですし、ベストは尽くしましたが、それ以前の問題として――


Face_kenichi

【謙一】

俺たちの発表は、他とは違います


 さっきまで鳩尾が可哀想なことになっていた男とは、全く別の顔。
 井澤謙一の言葉にはブレが無く、スピーカーから直線の如く、全ての観客の脳天に響く……
 それほどに、強烈な“印象”がホールに降りかかっていた。


Face_kenichi

【謙一】

では差別化とは何か? 一言でいえば、それはオリジナリティ。こと合唱祭においては、「クラスらしさ」


Face_kenichi

【謙一】

アイドルの曲とか、例に出すと良いかもしれない。白宮さんの曲は、あぁ白宮さんだなぁ、って思わされるよな!


Face_mikan

【美甘】

クオニアンの顔出すなよオイ!


Face_kenichi

【謙一】

おっと……まぁ、そんなノリです。俺たちは、俺たちらしい曲選びを。そして合唱を……


Face_kenichi

【謙一】

そう考えたら、ぶっちゃけさっきのクラスのようなコーラスは無理だな、と結論づけました


Face_mera

【目羅】

……無理?


Face_kenichi

【謙一】

今からご覧いただければ理解されると思いますが、俺たちは何というか……フリーダム? が売りなんで?


Face_mikan

【美甘】

疑問符をこっちに向けられても……


Face_saya

【沙綾】

てか、やるなら早く終わらせましょーよー。また長くなってるわよリーダー


Face_nono

【乃乃】

適頃かと


Face_kenichi

【謙一】

という感じで時と場所を考えずに容赦無く喋ってくる面子でお送りしますのは、一から作曲したラップ調のロックです


Face_mami

【廿栗木】

………………は?


Face_kenichi

【謙一】

合唱とは、複数人で歌うこと。この広義からギリギリ外れないラインの、俺たちの全力をご覧ください


Face_kenichi

【謙一】

『INVISIBLE-SCORE』、指揮はこの井澤謙一が務めます。メンバー紹介です、左から――


Face_kenichi

【謙一】

ご存知でしょう学園の問題児たち。銘乃譜已、烏丸凪、衒火情、二邑牙奏、佐伯乃乃、遠嶋沙綾、堀田美甘


Face_kenichi

【謙一】

それプラス新規入学の秋山志穂。どうやら朝食のサーモン弁当で食中毒気味ですが、気合いで立ってます


Face_shiho

【志穂】

出すモンは出した……あとは野となれ山となれってやつだ……


Face_mikan

【美甘】

あとで病院、連れてくからな志穂……気張ってな……


Face_kenichi

【謙一】

特B同様にマイクを使います。そして大音量ですのでビックリされないよう気をつけて。機材の準備も完了ですので――


Face_kenichi

【謙一】

――始めます


 ステージ横に設置されたマイクスタンド前から離れ、指揮台に立つ。
 念入りな準備運動。各々が身体の緊張を解すように、肩を回したり、足首を曲げたり、跳躍したり……
 その一方で、場の空気は緊張の一途を行くようだった。
 「俺たち以外に注目することは許さない」。
 井澤謙一が、そういった空気を作ったのだ。


 既に席に戻り終えた特Bも、その最後の準備の姿を見詰めるしかなかった。


Face_mera

【目羅】

……朧荼氏。どう思う


Face_yukina

【雪南】

目羅ちゃんには悪いが……完璧だ。このホールの空気を、完全に支配してる


Face_yukina

【雪南】

少なくとも、さっきまでのクラス合唱の印象は今この瞬間には殺されている。特Bを含めてね


Face_mera

【目羅】

だろうね……まだ歌ってすらないのに、ここまで持ってかれるのか


Face_yukina

【雪南】

それだけじゃない。優海町民にはまだ特変が浸透してないことを利用して、詳細な説明を自然に組み込んだ


Face_yukina

【雪南】

そしてこの合唱祭にどれだけの努力を積んできたかをも、具体的に公開してしまった


Yukina

 この時点で、特変がかなりの準備をしてきたことが、特変破りを仕掛けた俺たちだけでなく、全く事情を知らない町民にも分かった。
 謙一が説明した、勝ちへの執着。その為に、何に着目したか。結果どんな策を構築したのか。
 ……印象を残すことに着目し、その方法として「クラスらしさ」というオリジナリティを発揮させる合唱を徹底する戦術を選んだ。
 選曲以前の問題を認識し取り掛かったのは、前例の無い俺たち少数精鋭クラスだけ。更に俺たちのようなコーラス重視の方針を切り捨てた。確実に特変の取り組みは、他クラスと混同されないオリジナリティと努力を明示している。
 ……つまり謙一の説明によって誘導される評価は、「しっかりとした努力をこのクラスはしてきたんだ」という肯定。本来なら本番合唱のクオリティのみで評価が決まり、代表者によるクラスや合唱曲の説明時間は本当に説明の意義を過ぎないもの。
 しかし謙一はその隙間をも最大限に利用した。「合唱姿からメッセージ(=そこに至るまでの努力量)を受け取ってもらう」という方法は、芸術鑑賞に長けた人や感性が鋭敏な人が集まるとは限らない優海町民が審査員であるこの合唱祭において非常に不確実。
 それよりかはメッセージを露骨に伝えて、情に訴える――最近の就活や面接でよく見かける「熱意を伝える」ってやつだ。謙一はコレを狙った……!


Face_mera

【目羅】

チッ――


Face_yuzuyu

【柚子癒】

小松さんが舌打ちだなんて、珍しいわね……


Face_yukina

【雪南】

ホント、謙一の言葉はいちいち人を動かすから厄介だなぁ。前の学校でもこんな感じだったの、秋都ちゃん?


Face_akitsu

【秋都】

――💖💖💖💖💖💖💖💖💖


Face_yukina

【雪南】

ダメだ、既に秋都ちゃんは正気を失っている


Face_sia

【シア】

秋都、寒いの……? 身体、小刻みブルブルしてる……


Face_mera

【目羅】

……だが、仮に彼の言葉が指示した努力を、合唱において示すことができなかったなら


Face_mera

【目羅】

逆効果だ。彼の言葉は嘘となり、評価は逆転する


Mera

 堅実に、確実に勝ちへと接近しているように見えて、実のところは一か八かの大博打。
 クオリティは二の次とした彼だが、矢張りそれは無視できない要素。結局、全ては合唱に懸かっている。


Face_mera

【目羅】

私たちは、やれるだけのことをやった。彼らよりも、ずっと早くから努力を積んで――


Face_mera

【目羅】

だから努力量では負けない。本番の完成度がそれを明示している……!


Face_mirei

【美玲】

どっちが勝つか……まだ、全然分からないね


Face_yukina

【雪南】

もう俺たちにそれを左右する行動は残されていない。特変が失敗するのを、祈るだけかな


Yukina

 ……とは云うけど。
 どうせ失敗しないだろうね。


Face_kenichi

【謙一】

……んじゃ、お前ら、行くぞー。マイク電源入れろ


Face_kenichi

【謙一】

……刃を持て――!!


Yukina

 歓迎祭の時の姿が、残念ながら、何処にも見られないから。


Face_tokuhen

【特変】

「「「ぶっ壊す!!」」」


PAGE TOP