「特変」結成編2-10「青春とは存在確立である(5)」

あらすじ

「――ただただ私は、核弾頭であることを、お忘れではないですね?」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」2章10節その5。料理対決もクライマックス。佐伯乃乃とは何者であるのか――? そんな問いは兎も角として、食堂が阿鼻叫喚に包まれます。

↓物語開始↓


Face_nono

すっごく熱いので、ご注意を


 調理委員によって、佐伯乃乃の品が運ばれていく。


 それは、同じく鉄板。
 そして見た瞬間どんなメニューなのかが一気に予想されるビジュアル。


Face_mikan

お、おお……!! これは――


Face_saya

包み焼きハンバーグ、ってやつね


Face_nono

ハンバーグだけでは見栄えが暗いので、にんじん、ブロッコリー、エビフライをアルミ周りに付け加えてみました


Face_kenichi

……?


Kenichi

 何だ、このエビフライ……随分と長い上に……
 昨日とは違って、何だか形ががさつじゃないか……?


Face_nono

食べる順番は指定しません。皆さん、ご自由に……


Face_nono

枢奈さん、貴方にも。どうぞ1人前分です


Face_suna

……いただくわ


Suna

 思った以上に普通のメニュー……
 拍子抜け、ていうのが正直なところだけど、まぁテロを起こされるよりはずっとマシか……。


Suna

 果たして、井澤以上の料理を。
 そして私以上の料理を、佐伯、アンタは作ったのかしら――直接、この私が審査してあげる!!


 恐らくこのメニューで一番楽しい瞬間というのは、中身を包み隠すアルミを、ナイフとフォークで破り分ける時であろう。


 しかし作った料理人は、核弾頭佐伯乃乃。
 開けた中に爆弾が仕込まれていたら……? そんな謎の恐怖が、御開帳を任された者を襲う。


Face_so

ケンパイ、お願い!


Face_nagi

取りあえず離れておきましょうか、譜已


Face_fui

は、はい……


Face_shiho

南無


Face_kenichi

くっそ、極めて自然な流れで俺が担当する羽目にっ……!


Face_suna

…………


 こういうとき、赤信号は皆で渡れば怖くない的な共同精神が働くのかもしれない。覚悟を決める時、踏み越える時は皆一緒に……そういう空気が形成されていた。
 何の打ち合わせもしてないのに、担当したものは他の担当したものと息を合わせ――


Face_noname

【覚悟】「「「――せーのっ!!!」」」


 50人前分のアルミは全てほぼ同時に破かれたのである。


bakuhatsu2


Face_suna

ッ――!!


Face_kenichi

こ、コレはぁあ――!!


 そのできた隙間から、ずっと閉じ込められていた、肉の香りが外へと噴出する!
 そうして刹那にして、この中身は、自分たちが食べたい物なんだと確信するのである。


Suna

 何、今感じた、この……異物感……?


Kenichi

 ……間違いなく乃乃は、何か、仕掛けを作っている……。
 それも昨日とは異なる、完全初見の、何か――!


 漸く試食が開始される。
 皆、云われた通り好きな順番で――


Face_toshihisa

な――何だ、このとんでもなく、甘くてさっぱりと仕上がったにんじんは……!?


Face_mirei

ソースもかけてないのに、ブロッコリー、美味しい……! あ、でもソースかけてもやっぱり美味しい~♪


Face_so

エビフライいただきまーす! うわ、昨日とは違って溶けないけど、何か食感が楽しい気がする!


Face_yukina

……食感が楽しいってなんだろう? 奏ちゃん、この俺にもそのエビフライを――(←顔面跳び膝蹴り)


 しかし最も注目を浴びるのは矢張り中身の、ただ一つ大きく存在するハンバーグ。
 ナイフで切り分けると、チーズなども入っておらず、特に肉以外の具材が混ざってるわけでもなかった。


 ……が――


Face_nagi

な――


Face_fui

ふ……ふわあぁああああああ~~~……!!?


Face_joe

ッ――ぐ――おぉおおおおおおおおお……!!!


bakuhatsu


 その味は、口にした者全員を、絶句させるか叫ばせていた。


Face_so

や、やっべええぇえええええこのハンバーグ滅茶苦茶美味ええぇええええ……!!! とろけるぅううううううう……!!!


Face_mikan

あれ、ヤバい……腰抜けた……


Face_saya

……………………ヤバい、頭何でか真っ白になった。真っ白かどうかは分からないけど何かしら一色になった……


Face_shiho

おいおいおい……コレはこの世の食べ物なのかぁ――私は今までこんなハンバーグあるなんて知らなかったぞ――


 疑う余地もなく、完全に美味であることが人々本気のリアクションで証明される。


Face_kenichi

……何だ……


Kenichi

 コレは、何だ――?


Face_suna

ッ――さ、佐伯……!! アンタ、一体、どんな工夫をしたらこんなっ、こんなハンバーグが――


Face_nono

その前に、実はエビフライが結構余ってるんですよね。食べられなかった方の中で、もし興味がお有りならば30名ほど提供できますが如何しますか?


 熾烈な競争が始まった。


Face_gangoro

う……美味えぇええええええええ!!! 佐伯の料理なんか認めたくねえけど、絶対親父の焼くハンバーグよりも美味ええぇええええ……!!!


Face_kasaka

おお……エビフライも、何か味わったことのない食感というか……ソースを付けるとこれまた


Face_nono

……………………


Nono

 ……こんなに沢山の人に料理を振る舞ったのは、初めてですね。
 変な感覚です、私、今ちゃんと立っているのでしょうか。これは現実でしょうか。


Nono

 ……現実を、見なければ。
 そう。
 私は。


Nono

 私は――


nonoBr


Face_nono

――核弾頭


 盛況のムードが、その一言によって、だんだんと静まりかえっていく。


Face_nono

……皆さん、まさか、お忘れではないですね?


Face_nono

この佐伯乃乃の二つ名を。私は譜已さんのように良心的な女の子ではありません。謙一さんや枢奈さんのように技術と熱意を持ったコックでもありません


乃乃ニヤリ


Face_nono

――ただただ私は、核弾頭であることを、お忘れではないですね?


Face_kenichi

…………乃乃……?


Kenichi

 乃乃が――笑った。


Face_nono

さあ……お待たせ致しました、枢奈さん


Kenichi

 ニヤリ、と――


Face_nono

ネタばらしの、お時間です


 空気は、完全に変わった。
 それは直近でいえば、アルミホイルを破る前のような、緊張感。


Face_nono

皆さん、ハンバーグに特にご執心のようでしたが……その理由は何でしょう? 上手に焼けているから? 何か具材が混ざっているから? 隠し味?


Face_nono

……そのどれも、私は違うと思っています。そして、ただ一つの理由であると確信しています。それはすなわち――


Face_nono

――何かが違うから、でしょう


Face_suna

ッ――!!


Suna

 そう、そうだ……このハンバーグを食べて、真っ先に抱いた、違和感……
 このハンバーグは、何で出来ている・・・・・・・――?


Face_kenichi

乃乃、お前一体……何の肉を、使った……?


Face_kenichi

コレは完全に直感だが、これは牛肉でも、豚肉でもない……鶏でも馬でもない……じゃあ、一体何の肉なんだ――!?


Face_so

へっ……!? に、肉が、謎ってこと……!? 謎肉!?


Face_nono

……その通りです。これは、一般的なお肉を使っていません。ここで一つ、皆さんにこの猛暑の最近を思い出していただきたいのですが


Face_kokona

え、猛暑……? まあ、暑いですよね6月なのに……


Face_kokona

あまりに暑くてセミも鳴いちゃってますもん! み~~~~んって!


Face_kenichi

……………………


Kenichi

……………………。
……………………。
……………………。


Kenichi

 セミ――?


flashback


Face_saya

あら、何処行ってたの? 乃乃、そんな汗だくになって……まさか外行ってたの?


Face_nono

ちょっと調達を


Face_so

ち、調達……今度は私たちに一体何の苦悶を……(怯)


Face_nono

別に、何かするつもりはありませんよ……今は


Face_so

今は!? い、いつか、その明らかに怪しい袋の中身で一体何をするつもりなのかなノノパイ!!?


Face_nono

大したものではないです。ちょっと思い至って料理をするのですが、その原材料ですかね


Face_kenichi

? へえ、お前料理するんだ。個人的にソレは興味あるわ、何集めたんだよ?


Face_nono

見てみますか?


 乃乃は厳重に縛っていた口を開放した。


 虫の死骸がめちゃ集められていた


Face_noname

【女性陣】「「「ぎゃあぁああああああああああ!!」」」


Face_kenichi

思ってたのと違う!!


Face_nono

今、どうにも優海町にはユウミヒナミツゼミが早期、しかも多量発生していると聞くではありませんか。どうしてそんな名前が付いたかはハッキリされていませんが、名前からしてきっと蜜が詰まっているんですよ……!


Face_nono

ということで調べる為に、落ちてた死骸を回収してきました


flashback_return


Face_kenichi

ま、ままま、まっさかオマエ……!!?


Face_nono

――どうやら謙一さんは、理解したようですね。私が使った食材は、ただ一つ――


Face_nono

ユウミヒナミツゼミの贅肉だけなのです!!


……………………。
……………………。
……………………。


Face_noname

【皆】「「「セミ??」」」


 皆、まだ現実が把握できてないのである。


Face_nono

異常気象のせいか、優海町に多量発生し、多量に死骸が転がっている優海町特有のセミ……ユウミヒナミツゼミ。名前からしてきっと美味しいぞと思い至って、最近は暇を見つけては死骸を沢山集めてまして


Face_nono

セミには腹の中に贅肉が少しだけありまして、それを焼いて食べると結構美味なんですよ。そこでユウミヒナミツゼミのお肉も調べてみましたら……ビンゴです。ここに名前の由来がありました


Face_nono

極上の蜜のような甘さと柔らかさを持ったこのお肉、普通に料理に使えるぞと考えました。するとそのタイミングで転がってきたのは、料理勝負という特変破り。何だかんだで私も出ることになり、会場にはこれだけのお客様……


Face_nono

もしかしたらと思い一応今まで集めた全てのセミを持ってきておいて正解でした。テーマはハンバーグ――肉料理! このユウミヒナミツゼミの期間限定な美味しさを、皆さんと共☆有できる機会なのですから!!


Face_so

な、な、ななな何を、云ってるのかなさっきからノノパイは……


Face_so

この肉が、セミ、なわけ、ないじゃんか……あはは――


Face_nono

因みにですが、贅肉は一匹にはごく一部しかありません。ユウミヒナミツゼミは一般的なセミと比べれば結構量があったのですが、50人分作るとなると矢張りおびただしい数のセミを屠る必要がありまして、それで時間がかかってしまいました。それと……


Face_nono

ただお肉を取り出しただけでは、セミさんが勿体ないので――しっかり有効利用させてもらいました


Face_sia

……有効……利用……?


Face_kenichi

ッ――まさか――!?


Kenichi

 こ、このヤケに歪な形をしてた、エビフライって――!!
 何か余りに余ってたエビフライって!?


Face_nono

――パン粉に、羽と贅肉を除いたユウミヒナミツゼミの身体を混ぜました! 推定、1本のエビフライにつき15匹ぐらいは!! すなわち!!


Face_nono

コレはもうエビフライというよりセミのかき揚げだったんです!!


Face_kasaka

な――


bakuhatsu


Face_so

なあぁあああああにいぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい――!?!?


 会場、遂に阿鼻叫喚の地獄絵図へと突入!!


Face_kenichi

結局テロかましてるじゃねえか!!? お前、何でッ――!!


Face_nono

何を仰いますか、謙一さん。私は、全力を挙げて、この料理を完成させたんです


Face_nono

すべて死亡していたセミでしたが、少なくとも5人分のハンバーグを作るのだけでも一体どれだけのセミの羽を捥ぎ、胴体を抉ったとお思いですか。私は一体どれだけの生命を焼き、揚げたとお思いですか


Face_nono

滅茶苦茶真剣に作り上げたんですよ、もう腰痛いです、帰りたいです。それに……


Face_nono

美味しかったことは、皆さん、認めてますよね?


Face_suna

ッ――こ……コイツ――


Face_nono

もう……枢奈さんの料理を覚えている方は、居ません。全て私のハンバーグが、ユウミヒナミツゼミというゲテモノ食材が覆しました


Face_nono

貴方とて完食してくれました。皆さん全て食べてくれました。作った当人としては、これ以上の喜びはありませんね(ニヤニヤ)


Face_so

……………………👼


Face_fui

そ、奏ちゃん、しっかりして奏ちゃん!? 大丈夫、奏ちゃーーん……!!


Face_shiho

……帰るわ……


Face_saya

かーくん……私も先帰ってる……


Face_kasaka

ま、お、俺も帰るぅおえぇええええ……


Face_mirei

ぶ、ブロッコリーは!? ブロッコリーとにんじんは!?


Face_nono

ソレは流石に普通の野菜たちです、ユウミヒナミツゼミの特有の甘さに合わせて塩甘に仕上げておきました


Face_mirei

よかったぁああああああああ(泣)


Face_nono

……という感じなので、さあ、審査員の25人の方々


Face_nono

「どちらがより美味しかったか」の一点で、判定をお願いします――!


Face_suna

…………嘘、でしょ……


Suna

 嘘でしょ――?
 相手は特変……井澤がそうだったように、料理が可成り上手な奴がいて、それで私が負けるようなことがあっても、それは別に構わなかった。悔しいだろうけど、そうなったら次は勝てるように努力すればいいだけの話だと……


Suna

 けど、こんなの……


Suna

 こんなのッ――!!


Face_nono

……食堂、ますます出禁になりそうですね


4対21


Face_nono

すみません、枢奈さん。これが、私――


Face_nono

核弾頭・佐伯乃乃、全力のやり口でございます


Face_suna

こんな……負け方が……――


 お気楽だった筈の特変破りは、とんでもなく爪痕を残すような結末を迎えた。


Face_kenichi

…………(←胃薬)


Face_mikan

ああ、結局今日も謙一は胃薬を飲んでしまった……てかウチも飲みたい……


Kenichi

 ……えっと……
 取りあえず……


Face_kenichi

その、鮭沢、さん……?


Face_suna

……………………


 無言で鮭沢枢奈は、スカートポケットから主原因を取り出した。
 そして自分を気まずそうに見下げる謙一へと手を伸ばした。


Face_kenichi

……ありがと。その……正直、何て言葉を出せばいいのか、俺にも分かんない


Face_suna

いいわよ、別に……少なくともアンタは、何も悪いこと、してないでしょ……大切な物を利用して、悪かったわね。ごめんなさい


Face_kenichi

……お前は、全て約束を守ったというのに、俺は……ちょっと、疑問が残るな。果たして乃乃が、本気を出したのか……いや、乃乃的には本気出してたんだろうけど、種類がな……


Face_suna

……井澤!!


 枢奈は立ち上がった。


Face_suna

私、佐伯が嫌い。たった今、嫌いになった。気にくわない


Face_kenichi

……すみません……


Kenichi

 もう謝るしかできねえわ……


Face_suna

だから……また挑むわ


Face_kenichi

え――?


Face_suna

リベンジってやつよ。佐伯に、私は必ずリベンジを果たす。こんな、終わり方だけは、絶対納得してたまるか!!


Face_suna

……それと、調理場の片付け、佐伯と一緒に手伝いなさい。それでアンタの心残りも、チャラってことにする


Face_kenichi

鮭沢……


Face_kenichi

ありがと……お前、強い奴だなホント


Face_suna

……………………


Suna

 そんな私を、打ち負かしたアンタの――


Face_nono

……奏さん、意識戻りませんね……うぅむ、ちょっとは日常的な罰ゲームで耐性ついたかと思ってたんですが――


Face_fui

…………


Face_nono

あれ……譜已さんに不自然な距離を開けられました、もしかしてもしかしなくても盛大に嫌われましたか私――?


Face_joe

寧ろ嫌われない理由がねえだろテメエ


Suna

 ――その強さは、認めてたまるものですか。


Face_yudai

……………………


timeskip


PM3 30


Face_kenichi

……もっとセミの残骸云々で悲惨な現場だと思ってたんだが


Face_nono

調理場は常に綺麗を保つべきでしょう


Face_kenichi

その辺しっかりしてるのになぁ……ホント、残念だよお前……


Face_nono

そんな悲しい声を出されなくても


Kenichi

 鮭沢のご厚意通り、俺らは調理場の清掃(自分たちが使ったところだけ)に入った。
 ……まだ食堂は多少の盛り上がり(盛り下がりとも云う)を見せているが、特変破りはしっかり終わった。鮭沢らがその辺を仕切ってくれているのだろう。


Face_kenichi

初見の時は巫山戯んなって思ったけど、こうして勝負を通して鮭沢は中々良い奴なのが判明したなぁ。思えば悪いのは俺の方だったろうし、それを注意してくれたんだよなぁ


Face_kenichi

純粋に夢と野望に直向きな学生なんだなぁ。尊敬するわホント。マジで今度お詫びも兼ねて完全食丼シリーズプレゼンしにいこ。ベジタブル丼シリーズでもいいな……


Face_nono

……謙一さんは、何か夢とかはあるんですか?


Face_kenichi

ん? そーだなぁ……


 食堂と違って静かな調理場で、2人だけの空間で2人は会話しながら後片付けを進める。


choriba (2)


Face_kenichi

鮭沢みたいに一生涯を懸ける夢は無いかな。けど、今まさに特変管理職となって、現実味が増してきた夢ならある


Face_kenichi

そういう意味では、俺も結構走ってるってことだな


Face_nono

……そうなんですか


Face_kenichi

お前は、何かあるのか?


Face_nono

私、ですか?


Face_kenichi

人に将来の夢を訊いたんだ。自分に返ってくることぐらい予測できるだろ


Face_nono

それもそうですね。しかし……特にありません。全然、考えたこと、無いです


Face_nono

私は目先のことで、精一杯ですよ。謙一さんとは違って、私は視野が狭いんです


Face_kenichi

……………………


Face_nono

む……何ですか、その沈黙と眼は。もしや、「嫌がらせ王になる」とかそんな感じの夢を持ってるのだと予想されてたのですか?


Face_nono

私もそこまで莫迦ではありませぬ。今日みたいなことを社会に出てやっていたら即座に捕まるではありませんか


Face_kenichi

いや、学校でもあんなのやったら捕まるからな、この学校だから何とかなってるんだからな? ついでに云うと俺が謝罪とフォロー回してるからギリギリ事なきを得てるんだからな?


Face_kenichi

別にお前を莫迦にしてるわけじゃなくてさ……そうじゃなくて、視野は狭くないと思うぜ。寧ろお前は俺よりも周りを見てるんじゃないかって


Face_nono

――え?


Face_kenichi

昨日のナポリタン擬きの気遣いは純粋に感心したんだよ。それに、今日の、あの天ぷらの大拡散……できるだけ客を巻き込んで、かつ時間を稼ぐことでおおかた完食させたところでネタばらして最大レベルの攻撃を行った。同時にセミの身体を殆ど余すことなく使って粗末を最大限抑えた……


Face_kenichi

これらは全部、自分のやりたいことだけじゃなくて、それによって何が起こるかを隅々まで想定する視野があって初めて成功する。お前は俺と違って、器用な思考を持っている


Face_kenichi

嫌がらせには一見関係無い野菜類にも味付け徹底的に配慮してたみたいだし、お前相当料理慣れしてるだろ


Kenichi

 ……いや、料理慣れなんてもんじゃない。今日は巫山戯まくってたが、昨日見せた技術は――


Face_nono

……謙一さん


Face_kenichi

ん?


Face_nono

この話題、もう止めにしませんか? 私、あんまり、好きじゃないです


Face_kenichi

……勝手な奴め


Kenichi

 けど嫌がってるものを強要する性格でもない。乃乃はどうやら、自分の料理についての話題が嫌らしい……変なの。


Kenichi

 ……そういえば。


flashback


Face_nono

――核弾頭


Face_nono

……皆さん、まさか、お忘れではないですね?


Face_nono

この佐伯乃乃の二つ名を。私は譜已さんのように良心的な女の子ではありません。謙一さんや枢奈さんのように技術と熱意を持ったコックでもありません


Face_nono

――ただただ私は、核弾頭であることを、お忘れではないですね?


flashback_return


Kenichi

 アレは、どういう意味だったのだろう。


Kenichi

 あそこで僅かに感じた、気迫は……


Face_kenichi

……核弾頭って、何なんだろう


Face_nono

――謙一さん?


Kenichi

 また、余計なものが口から漏れていたらしい。


Face_kenichi

いや、何でもない。乃乃が関わると俺は甚だ疲れるって法則を再確認しただけだ


Face_nono

……謙一さんは、辛い、ですか?


Face_kenichi

2ヶ月前から辛いし。つまりは今更な確認だな


Face_kenichi

間違っても抑え込もうとはすんなよ。お前はお前の打った釘に忠実に、自由にやればいい。そうして何か新たな問題が起きたなら、その時考えればいいし、そうしていくしかない


Face_kenichi

俺も、自由にやらせてもらってるしな


Face_nono

謙一さんが打った釘なんて、名前で呼ぶってだけじゃないですか


Face_kenichi

まあなー


Kenichi

……………………。


Face_nono

…………


Face_kenichi

…………


Kenichi

 ここで、会話が途切れる。単なるネタ切れなわけだが、ますます調理場の静けさが目立ち、無駄に気まずさに襲われる。


Kenichi

 ……大方、片付いて誰かしら調理委員にチェックお願いしようかな、と思ってたその時。


Face_nono

謙一さん


Kenichi

 彼女は、最後の話題を、短く俺にぶつけたのだった。


Face_kenichi

なに?


Face_nono

……その……


乃乃苦笑


Face_nono

いつも……ありがとうございます……


PAGE TOP