「特変」結成編2-8「青春とは修羅場である(2)」

あらすじ

「その、沙綾ちゃんのこと……よろしく、お願いします」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」2章8節その2。沙綾ちゃんの彼氏(候補)・伊吹夏裟花くんと恋のライバル・五空音々ちゃんが出現! 恋喧嘩からの特変破り開催でございます。

↓物語開始↓


Face_saya

喧しいわ雌牛、必要無い言葉を削いで、コレで決着付けてやりましょう


Face_saya

――特変破りよ!!


toppa


 場が騒然としだす。
 突然、学園を悪者・特変から奪還する正式の一手が、休日に発動されたからである。


Face_kenichi

――って何でお前が宣言してんだよ!!?


Face_saya

愛の前には些細な問題でしょー?


Face_kenichi

少なくとも俺にとって鋭敏にならざるをえない深刻なワードだからね!? 認められるわけねえだろうが、誰得なんだよお前以外で!!


Face_kasaka

そ、そうだそうだ、よりにもよってお前と音々で学園の命運分かつだなんて――


Face_saya

私には意義あるのだから、別にいーじゃない。それに特変の私が云ってるんだから承諾も何も必要無いわ


Kenichi

 ド畜生、聞く耳持たねえいつも通り!!


Face_saya

さあ、勝負よ音々! 勝った方が正式に、かーくんの彼女!!


Face_neon

なっ……!


Face_kasaka

正式にもクソも、元々彼女じゃねーだろドッチも!!


Face_kenichi

しかも特変解体とか一切関係無いじゃんそんなの!?


Face_students

いつものだなぁ……結局


Face_students

特変制度と関係無いんじゃ、シリアスになる必要もないか……


Kenichi

 周りの奴らも一瞬で熱が冷めたみたいだ、興味を失って――ていうかいつもってことはコイツらいつもこんな騒ぎ起こしてるの?


Face_noname

【???】「何の騒ぎ? 夏裟花がまた関わってるの?」


Face_kenichi

お……?


Kenichi

 何かまた、新しいキャラが入ってきたぞ……


Face_yukari

あー……またいつも通りの感じかー……


Face_danshi

寮母さん、ちわーっす


Face_yukari

こんにちは、でも寮母さんじゃないから、次云ったらほっぺた引っ張るよ


Face_joshi

寮母さん、何かお風呂の浴槽に罅入ってるっぽいの


Face_yukari

分かった、後で確認しておきます。あと寮母さんじゃないから、次云ったら太ももにガムテープ貼っちゃうよ


Face_kenichi

何かエラく若い寮母さんが現れたな


Face_yukari

…………


 寮母さんは躊躇無く権力者の太ももにガムテープを貼ってほっぺたを引っ張った。


Face_kenichi

痛いたいたい!? 何、どうして!? もうワケが分からないよ!!


Face_yukari

寮母さんじゃないですー!!


Face_kasaka

お、おいおいおいおい!? ゆかり、その人はヤバい、下手に逆らったら消されるって!!


Face_yukari

あれ……? よく見たら寮では見かけない人だ……


Face_kenichi

よく見るよりも先に攻撃を仕掛けられたのか俺は……別に消すつもりもないが、誰なんだこの人は?


Face_kasaka

土方ゆかり……この栗田寮の、管理人の一人というか……まぁ実質寮母みたいな――


 夏裟花はガムテで巻かれた。


Face_kasaka

んーーーー!! んーーーー!!?


Face_yukari

管寮班と云ったら理解してくれますか。えっと……井澤謙一さん、でよかったでしょうか……?


Face_kenichi

どうも……


Kenichi

 管寮班っていうと……確か、昨日のプチお茶会で美玲さんがシュークリーム頬張りながら教えてくれたっけな……通常の委員会とは少し違った、特殊委員会エクスクローズの一つだった気がする。一言で云えば、寮や寮生の面倒を見る……寮住まいで効率良く、人付き合いが上手で……そういった様々な基準を満たしていると審査で合格した者だけがなれる、ハイスペックな委員会。


Kenichi

 つまり、俺たちと同じ学生……だが、寮母と云われている。それは信頼されている証拠でもある。


Face_yukari

ごめんなさい、ここの寮の人たち皆、ぼくのこと寮母なんて呼んで虐めるから……いつものノリで仕返ししてやろうって思ったら、全然そうじゃない人でした……


Face_kenichi

まぁ、ガムテは剥がすの辛いけど別に良いよそんぐらい、沙綾に陥れられるのに比べたら……


Face_yukari

……そっか、沙綾ちゃんも特変、ですものね……


Face_kenichi

その様子だと、あの3人とは割と親密な方なのか


Face_yukari

え――?


Kenichi

 ……やべっ、またやっちまった……


Face_kenichi

……えっと、勘だ。土方の言葉が、他の寮生たちに向けるのと、あの近付きたくない沙綾らに関するのとでは多少色が違うように思った、って感じか。そんなつもりはなかったが勝手に探るような真似、悪かった


Face_yukari

いえ……ははっ、流石に沙綾ちゃんの上に立つ特変のリーダーさんとなると、下手に喋れないな……別に、こんなこと隠すことでもないけど


Face_yukari

幼馴染み、でいいのかな。3人ほどじゃないんですけど……偶然が色々重なって、また3人が見れる場所でぼくも過ごすことになりして……


Face_yukari

一種の呪い、ですね……


Face_kenichi

……呪い?


Kenichi

 これまた変な表現をする。まぁ、真理学園は行きたくて行くような学園ではないと思うから、4人一緒にこの学園を選ぶっていうのは……なかなか自然とは思えないな。その意味では、クリアとは云えない事情があったのかもしれないが……当然、ソレを覗く意味があるとは思わない。俺だって空気は読む方なんだ。


Face_saya

あら、丁度良い。ゆかりくん、ちょっと見てて。この私が完全にかーくんを手に入れる、歴史的瞬間の証人となりなさい!


Face_yukari

いつもの喧嘩でしょ?


Face_saya

特変破りよ!


Face_yukari

え? 特変破り……え?


Face_saya

要は、先にかーくんを落とした方が勝ち! ってことで――


 沙綾がガムテープまみれで動けない夏裟花にダイブした。


Face_kasaka

んーーー!?


Face_neon

あーーーー不意打ちーー!!


Face_saya

不意打ちは、私の専売特許☆ ねーかーくん~♪


Face_kasaka

んーーーー……!?


Face_saya

ちょっと何云ってるか分かんないわーかーくーーん♪


 沙綾、ロビーの真ん中で押し倒した夏裟花の身体の彼方此方をさすりはじめる。


Face_neon

!?!?!?!?


Face_kasaka

んーーー!? んーーーー!!!


Face_saya

あーら反応しちゃってぇ……全身、堅くなってるぅ💕


Face_kenichi

そりゃガムテで縛られた上にいきなりタックルかまされちゃ硬直もするだろうなあ


 井澤謙一、空気を読めてない冷静なツッコミ。


Face_neon

あ、あわわ、あわわわわ……!!?


Face_yukari

……特変要素が関わると、またパワーアップしちゃうなあ修羅場トリオが……


Face_kenichi

……何それ?


Face_yukari

この3人、見ての通りです。音々ちゃんと沙綾ちゃんが、夏裟花を取り合ってる……でも夏裟花はどっちを取るつもりもなくて……2人も諦めない――沙綾ちゃんが諦めず独占しようとするから音々ちゃんもソレを阻止してる


Face_yukari

毎日毎日、修羅場ってるんですよ何処でも構わず


Face_kenichi

これが、奏たちが云っていた「学園の日常」ってやつか……しかし少なくとも俺は初めて見たんだが、この光景


Kenichi

 こんな楽しそうな沙綾とか。


Face_yukari

それは……沙綾ちゃんなりに、色々考えたから、かもしれない


Face_kenichi

沙綾が……何を?


Face_yukari

夏裟花も音々ちゃんも、B等部だから。元々沙綾ちゃんは部が悪かったんです。一方で音々ちゃんはいっつも彼と同じクラスで


Face_yukari

だから、沙綾ちゃんは交渉した。音々ちゃんに……あまりかーくんとイチャイチャしないで、他の学友を作って遊んでろ、って。その代わりに自分も彼に意図的に近付くことはしない、って


Face_kenichi

何だそれ……


Kenichi

 そんなの、交渉にならないだろう。沙綾同様にあの伊吹を手に入れたいと思ってるらしい五空が、見た感じ戦略的に優位に立ってそうな沙綾を出し抜いて彼氏候補とイチャイチャできるチャンスを、わざわざ捨てろって勧めてるのだから。それを五空が聞き入れる道理は――


Face_yukari

それを、夏裟花は支持した


Face_kenichi

……伊吹が、同意したなら話は変わる、のか。アイツ自身は二人のアピールは、端的に云って迷惑なもの。五空も伊吹に同意を取られてしまえば、ソレを聞き入れないのが我が儘と見なされてしまう……


Kenichi

 矢張り、沙綾が一手先を行っている、ということか――


Face_saya

かーくんは、何も、心配しなくていいし、考えなくていーの……


Face_saya

私が、ぜーんぶ……奪っちゃうだけだから――


Face_neon

――こらーーーーー!!!


 何かキスでもしそうな流れだったのを五空音々がヒップドロップで夏裟花ごと踏み潰した。


Face_saya

ぐぼば


Face_kasaka

ばっは――!?


Face_neon

沙綾ぁ、エッチなのダメェ!! そんなのダメなんだからぁああ!!


Face_neon

かーくんも、しっかりして! 沙綾なんかに理性、奪われちゃダメなの! って、かーくん? もしかして意識まで奪われちゃってたの!? しっかりーーー!!


Face_danshi

間違いなく伊吹の意識奪ったの五空ちゃんだろ……


Face_danshi

あのムチムチのヒップドロップを毎日喰らってるんだから、アイツのラッキースケベっぷりはホント滅べばいいと思うんだ俺


Face_danshi

俺も、あのヒップ欲しい


Face_neon

かぁああくうぅううんしっかりしてーーー!!(←無自覚に身体押しつける)


Face_kasaka

――!?!?


Face_saya

ッ――!? こ、この雌牛、またかーくんに!!


Face_kasaka

んーーー!!?(ギャーー!!?)


Face_danshi

俺は寧ろB等部学生にあるまじきあのバケツ双砲に撃ち抜かれたい。できることなら何らかの事故で挟まれたい


Face_joshi

私は双砲そのものが欲しい


Face_joshi

撃ち抜く相手居ないのにあんなの持ってても意味無いでしょアンタ……


Face_joshi

いや今は居ないけど、そういうの関係なしに欲しいでしょあんな凶器ぃいい!!


Face_joshi

気持ちはいっったいほど分かるけどアンタがアレ持ってたらホントに凶器になりそう、主にアンタの存在そのものが


 戦況は多分だが五分五分だった。


Face_yukari

……沙綾ちゃん自身の為だけじゃなくてね。あれはきっと、音々ちゃんの為でもあったんだと、思うんです


Face_kenichi

五空の? どうして、そうなる


Face_yukari

沙綾ちゃんは平気でも、音々ちゃんには必要だと思ったんだ……3人の輪の外の存在が


Face_yukari

友達が必要だと2人は思ってた。だから、沙綾ちゃんは身を引くことで音々ちゃんもまた身を引かせる判断へ持ち込んだ


Face_yukari

……何とか音々ちゃんも、夏裟花だけじゃない学園生活を手に入れることができた。その生活を、無理矢理でもいいから過ごさせる、その為に沙綾ちゃんは特変という権力的存在になっても、交渉を自ら反故にするような真似はしてこない


Face_kenichi

…………


Kenichi

 何だ……?
 ごく僅かに見せる、違和感というか……隙間というか……


Kenichi

 そう、隙間――いや、罅。亀裂。


Kenichi

 見てて茶番で平和な修羅場の光景に一瞬見えるソレは、覗こうと思えば……やっぱりソレは止めておこうと思わされる、黒い亀裂で。


Kenichi

 矢張り、俺は空気を読んでその先を覗く真似は、控えるのだった。


Face_saya

健全にやろうとか云いながらソッチが不健全に攻めてるじゃないいっつも! そりゃそうよねーそのビジュアル自体不健全だものー!


Face_neon

沙綾が何云ってるのかネネ全然分かんない! でもどうせまたイヤらしい発言してるから無視してやる! 兎に角、かーくんは沙綾のモノじゃないもん!!


Face_saya

そんな貴方の感情ばかりの主張がどうして他人に通用するのよ、ピュアなのはまぁ別に個性ってことで否定はしないでおいてあげるけど、ソレをかーくんを陥れる手段で使うなら、その既に薄汚れたピュアごと握りつぶしてあげるわよ今日こそ


Face_neon

沙綾、ほんっっっと難しいことばっか云ってて意味分かんないし!! でもかーくん陥れてるの断然沙綾だし!! ネネ、それだけは絶対許せないもん、かーくんはネネが守るんだもん!! 沙綾なんて……べーーーだ!!!


Face_saya

…………💢


Face_neon

…………💢


Face_noname

【沙綾vs音々】「「うだーーー!!!」」


 二人、夏裟花を忘れて取っ組み合いに。


Face_kasaka

――! よ、よし、全部取れたぞガムテープ!!


Face_kenichi


Face_yukari


Face_noname

【2人】「「――!!」」


 審査員(攻略対象)、逃走!
 無論二人が追いかける!!


Face_noname

【音々】「待ってーーー!!」
【沙綾】「待ちなさーい!!」


Face_kasaka

か……勘弁してくれよぉおおおおおう((泣))!!


 ……そのまま3人仲良く寮を出て行った。


Face_yukari

……えっと、勝負は?


Face_kenichi

いやもう無効でいいだろ、審査員消えたし引き分けっていうかさ。抑も特変破り自体成立してないし


Face_yukari

ですよねー……


Kenichi

 結局、無意義な時間だったな……帰るか。


Face_yukari

……あの、井澤さん


Face_kenichi

ん――


…………。
…………。
…………。


timeskip


Face_kenichi

…………


Face_noname

【3人】「「「ぴゃーーー!!!」」」


 寮を出て帰ろうと歩いている中、どこか遠くから3人の雄叫びにも断末魔にも聞こえる何かが謙一の耳に入った。


Face_kenichi

……何してんだか


Kenichi

 苦笑も湧いて、俺は今度こそ、我が家へ……。


Kenichi

 その最中――
 俺の頭に、最後に土方が云った言葉が、どうしてか反響していた。


flashback


Face_yukari

その、沙綾ちゃんのこと……よろしく、お願いします


Face_yukari

思ったことは曲げない女の子で、ちょっと難しい相手かもしれないけど……


Face_yukari

悪い子じゃ、ないから


Kenichi

 その言葉を信じるには、俺は、沙綾に対し一面的な理解しかしていない……そんな俺では、到底不可能だった。


Kenichi

 どこまでも自己中で、善に鳥肌を覚え、奪うことを躊躇しないアイツに。


Kenichi

 俺は、この先どこまで関与し続けていられるのだろうか。
 云い換えれば――


Face_kenichi

 いつ、俺と沙綾は、対立するだろうか――


PAGE TOP