「特変」結成編2-4「仲間(2)」

あらすじ

「特変が、必要なくなったら……謙一は、ウチらを繋ぎ止める必要がなくなる」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」2章4節その2。合唱祭が終わり、再び各々バラバラな日常へ戻っていく……それを予感していた美甘ちゃんと謙一くんの放課後対話の回。

↓物語開始↓


Face_kenichi

……特変に、入る……ねえ


Kenichi

 ソレは当事者側からすればもう、自殺行為にすら思えてしまうわけだが。
 アイツの考えてることは今イチ見えてこない。そりゃそうだ、俺は小松のことを何も知らないのだから。
 そして現状知る必要も無いこと。


Face_so

ねえねケンパーイ!! 打ち上げ行こうよー!!


Kenichi

 俺は目の前のコイツらで手一杯なんだ。


Face_kenichi

打ち上げ? まぁ奏らしい提案だが、この面子で行くの?


Face_so

パーッと何かやろーよ祝勝会! 何だかんだいっても今回楽しかったし! もっと思い出作ろうよー!


Face_kenichi

とのことだが諸君、どうだろうか


Face_nagi

行くなら貴方だけで騒げばいいじゃない


Face_saya

かーくん一切関係とこで何でこれ以上働かなきゃいけないのって話


Face_joe

興味ねえ


Face_mikan

志穂もいないし、少なくとも皆で何かやるんだったら、別の日にした方がいいんじゃないか?


Face_kenichi

俺は早く帰りたい。てことで過半数反対で却下となりそうだ


Face_so

ンガーーーー!!! 何となくそうじゃないかと思ってたけど、すぐにいつものコレだーー!!!


Face_so

美玲さーーーん!! 何とか云ってやってよこいつらにーーー!!


Face_mirei

よしよし、特変に入っても奏ちゃんはいつもの奏ちゃんだね~


Face_fui

(微妙にフォローになってない……)


Face_yukina

俺たちもタイミングを見つけて打ち上げするべきかな


Face_yuzuyu

朧荼くんが来ること以外は諸手を挙げて賛成ー。今週のスケジュール確認しとく


Face_sia

情……いい……?


Face_joe

連絡さえ取れば勝手に動いて構わない。いつも通りだ


Face_kenichi

……ん?


Kenichi

あのシアって女の子、情と普通に会話したぞ今……


Face_akitsu

私は、基本的にいつも暇だなぁ……


Akitsu

 でもそういう時はいっつも謙一くんとバッタリするかなぁ、って思いながら流離さすらってるから、打ち上げなんて充実したイベントはもしかしたら人生初かも。
 私にしては珍しく、青春してるのかも……。


Face_akitsu

似合わないなぁ……あはは


Face_kenichi

何が似合わないんだ、徳川?


Face_akitsu

あははははひ!? 何でもなひよ!?!?


Face_yukina

秋都ちゃんを追い込むのホント止めなよ君。いつか刺されるよ


Face_kenichi

刺されるって何だよ……


Face_so

そんなことより、打ーちー上ーげー!! ぱーあーてぃーいー!!


Face_kenichi

志穂居ないし、今日は無理だー。それに金かかるんだろ、そういうの。俺ヤダよ絶対


Kenichi

 ただでさえ最近カラオケで出費が目立ってる状態。特変制度のお陰で財政難からは寧ろ離れていってるが、十年磨き上げてきた倹約精神がギンギラレッドを叫んでいるのだ。


Face_so

そうだった、ケンパイはお金にストイックだった……


Face_so

でも、こういう息抜きぐらいは人生必要だと思うんですー。楽しくないですよー財布の紐締めすぎると


Face_kenichi

未来に楽しく過ごすからいいの。その為の準備期間なんだよ


Face_nono

……はっ!


Nono

 思いつきました。デヴィルなウィスパーです。
 普段教室に誰も居ない状態というのは、なかなかありません。早めに登校する以外には……。
 つまり今、凄く珍しいのです。空が赤く染まり始めてる今この時に、教室に誰も居ない。そして全員、教室に向かっている。
 皆さんお疲れです。開放感も持っているでしょう。これらは普段いつもとは異なるリアクションを発掘できるのではないでしょうか……! 特に彼女の!!


Nono

つまり、皆さんと一緒に歩いてる場合じゃない!!


Face_nono

私は先に行きます――!!


Face_kenichi

は――?


 乃乃が駆けだした。


Face_kenichi

…………怪しい


Kenichi

 乃乃のことだから、早く教室に戻るのには理由がある。
 そしてあの狂おしいレベルの歓喜のダッシュ。教室にそれほどの楽しみが待っているとでもいうのか……?


Kenichi

 だとしたら、アイツの性格からして――


Face_kenichi

凪、危ないぞ


Face_nagi

何がかしら?


Face_kenichi

お前の机が狙われている


Face_saya

あーなるほどねー……


Kenichi

 基本いっつも朝一番乗りで教室に入り、特定の机に常駐する凪にトラップを仕掛けるのは容易なことじゃない。
 しかし今、凪は此処にいて……教室には誰も居ない!! トラップ仕掛け放題!!
 当然俺たちにも無差別空爆かまされるんだろうけど、何より一番のターゲットは間違いなく凪だ!


Face_nagi

ッ……あの核弾頭……本当に画鋲で誤爆させてやろうかしら


Face_fui

だ、ダメですって……


Face_so

うげぇ……今からノノパイのパーティが待ってるの……? それは全然望んでないパーティだよー……


Face_nagi

謙一、貴方止めに行きなさいよ。管理職でしょう?


Face_saya

そうよそうよー。管理職でしょー


Face_kenichi

管理職を何だと思ってんだお前ら……だが、良いだろう。俺も今から核弾頭パーティなんて御免だ


Face_kenichi

貸し一つだぜ凪、沙綾。沙綾の場合は借りを一つチャラだな


Face_mikan

あ――


 謙一は乃乃を追って駆けていった。
 それを見て、美甘も走り出した。


Face_yukina

おや、美甘ちゃんまで行っちゃった。折角お話するチャンスかと思ったのに


Face_yuzuyu

また誰とも話せなくなったらどうすんのよ!


Face_yukina

人を何だと思ってるんだろうね。俺、基本女性には優しく接する性格なんだけど


Face_yukina

ああ、アレか。優しさは時に人を傷つけるってやつかな。いやぁ俺も、なかなかに罪だな☆


Face_yuzuyu

10,000円ぐらいで朧荼くんを暗殺してくれる人を募集します


Face_so

私もそれなら10,000円出す!


Face_nagi

レゾンの求人に出してみたらどうかしら? 特変の権力を使えば多分通るわよ


Face_yukina

ホントにやりかねない流れだな、どうしようコレ美玲さん


Face_mirei

それでもあんまり焦ってないのが朧荼くんらしいよねー……



otherside


Stage: 特変教室



PM4 30


Face_kenichi

はぁ……はぁ……


Kenichi

ま、間に合った……!


 烏丸凪の席の直前で佐伯乃乃は、管理職に押し倒されて縄で縛り上げられていた。


Face_nono

ぅぅぅぅぅ~……あと、少しだったのに、酷いです謙一さん~……


 観念したのか、手から離された電動歯ブラシ。取りあえずソレを回収して佐伯乃乃の野望を食い止めたと光雨から特変へ連絡をつける謙一。


Face_kenichi

もしこんなこと実現してたら、明日の朝に特変は壊滅してただろうよ……オラ、全部出せ


 それから乃乃のポケットを全部まさぐり、わさびチューブを発見してしまった謙一は、デヴィルなウィスパーで歯ブラシにそれを塗りたぐる。
そして……


Face_mikan

着いた……謙一、どうなった――


Face_nono

ふぇ~~~~~~ん泣泣泣


Face_kenichi

ん……美甘? 何だ、追いかけてきたのか


 美甘が見たのは、お腹に跨がった謙一が乃乃をわさびで歯磨きパーティしてる異様な光景だった。


Face_mikan

……………………


 チューブの中身が空になってるのを見て、美甘はゾッとした。
 取りあえず触れないことにした。


Face_kenichi

何か悪いな、何かしらで気遣わせたみたいで


Face_mikan

いや、別に……ウチが勝手に附いてきただけだし


Kenichi

 ……何か、云いたげだな。


Face_kenichi

話してみな


Face_mikan

え?


Face_kenichi

何かあるんだろ? 話か、意見か、苦情か


Face_mikan

……ホント、鋭いよな。さっきまで疲れて腰曲げて歩いてたのに


Mikan

 本当に、助かる。


 フッと笑って、それから美甘は話し出す。


Face_mikan

さっき、打ち上げの話、出てたよな


Face_kenichi

ああ。魅力的ではあるが、面子が面子だからなぁ……


Face_mikan

あの流れだと、多分、打ち上げはやらないと思う。やるとしても、奏が譜已を誘うぐらいで


Face_kenichi

……だろうな


Face_mikan

……合唱祭本番で、あんなに団結……してたのかな? 何て云うべきか分からないけど……


Face_mikan

でも、皆で頑張って、ソレで勝った。間違いなく今までの特変破りで、一番大きい勝利だ


Face_kenichi

……どうだった? 嬉しかったか?


Face_mikan

……正直、パッとしない


Face_mikan

でも、何か湧き上がってくるもの、というか……そういうのも、一番大きかった。ウチらは、ウチらで勝った


Face_mikan

そう思ってたんだけど……終わってみたら、また皆いつも通りに戻ってく


Face_mikan

また、バラバラになっていく。それは、謙一からしてみたら、どうなんだ――?


Face_kenichi

……………………


Kenichi

 相変わらず、常識的で良識的。
 美甘はちゃんと、特変のことを考えてくれている。俺たちを特変という枠の中で捉えて、状況を判断しようとしている。特変としての勝利も、考えてくれて……それは俺としても嬉しい限りなのだが。


Face_kenichi

美甘自身は、どうだ?


Face_mikan

……え?


Face_kenichi

特変という枠をこれからも、皆に意識してもらうとしたら……それはより距離感を詰めていくことに繋がる


Face_kenichi

美甘は、ソレに対して敏感な筈だ。だから俺はソレも心配してる


Face_mikan

……………………


Face_mikan

だからこそ……ウチは訊かなきゃ、いけないんだ


Face_mikan

謙一は、あいつらを、信じてるの――?


Face_kenichi

……なるほど


Kenichi

 そうだな。美甘のことをよく考えてみれば、こうして俺に問いを投げかけてくるのも、自然だと思える。


Kenichi

 ……だけど。


Face_kenichi

悪いな、俺もお前同様、分からないことだらけなんだよ


Face_kenichi

特変の在り方だってそうだし、面子一人ひとりのことだって……


Face_kenichi

そんな状態で信じる信じないを決めるには、俺たちはまだ重ねた時が浅いように思えるんだ


Face_kenichi

だから、その問いに答えることはできない。……っていう時点で、信じてるとは云えないんだろうなぁ


Face_mikan

そう、なのか……


Face_kenichi

お互い、自分のことしか考えてない。俺も、お金の為にやってるようなところあるからな


Face_kenichi

お互いそんなだから、分かり合う日も来ないだろうし、俺たちが仲良くなることもない


Face_mikan

…………


Face_kenichi

……それでも、俺たちは特変。一つの枠。俺はそれを、望むしかない


Face_kenichi

もし分散しそうだったら、その時にまた手を打てばいいかなって


Kenichi

 きっと、コレは美甘が望む回答じゃないだろう。
 それでも美甘に、嘘はつきたくなかった。俺はあるがままで、美甘に接したい。


Face_mikan

……………………


Face_mikan

特変が、必要なくなったら……謙一は、ウチらを繋ぎ止める必要がなくなる


Face_kenichi

え? あー……そう、だな


Face_mikan

そうなったら……ウチは、謙一や志穂とも、分散するんだな


Face_kenichi

……………………


Face_kenichi

それも、その時考えることさ。少なくとも俺にとっては、な


Face_kenichi

それを今から考えるべき人物は、他でもなく美甘だよ


Face_mikan

ウチ――?


Kenichi

 美甘は、何かを恐れている。何かを求めている。
 そうさせたのは実質俺と志穂だし、そこから責任を考えるのも不自然ではなかろう。
 ……だが、敢えてこうした方がいいと思った。恐らく、志穂だって。


Face_kenichi

お前も、決めて、試せばいい


Face_kenichi

ここは学園だし……俺も志穂もいる。あの時云った通りだ


Face_mikan

謙一……


 これ以上の言葉は不要と、謙一は口を閉じ、待つ。
 多少の静寂。ただただ乃乃のわさび歯磨きパーティの音だけが教室に響く。


Face_mikan

……………………


Mikan

 ウチは、何かを恐れている。何かを求めている。
 ……求めることも、恐れて……
 つまり、二者択一の状況で……ウチじゃそんなの、選べない。選べるわけがない。どちらも、軽く捨てていいとは思えない……けど。


Mikan

 二人が、まだ居るというなら。
 それだけが――


Face_mikan

……じゃあ、謙一


Face_kenichi

ああ


Face_mikan

ちょっと、手伝ってほしいことが、あるんだ――


PAGE TOP