【特結】

「あと何時間歩かなきゃいけないの~……」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章10節その2。翠学園長お得意のその場のノリ急遽変更が発動して、昼前から合宿生たちは冨士美町の代名詞で大輪大陸屈指の名山・冨士を登る羽目になりました。突然の軽くない運動にやる気無く歩く特変でしたが、運悪くアクシデントに次々見舞われ、果てにはとんでもない危機が謙一くん達を襲います――。

「確かに、需要は一定数確保できている。だけども淘汰の対象とみられることを、最早逃れる術は無い。自ら断ち切ったんだから」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章10節その1。真理合宿2日目に突入、再びダルいことこの上ない「全体講義」にて真理学園史を学びます。今回は特に真理学園の婆娑羅録・雷晃政権に焦点を当てて、如何に不人気な真理学園が生き残ってきたかを知ってください! ※とは云いますが矢張りダルいものはダルいので、読み飛ばして全然大丈夫です。

「だが、帰れない。今の俺にとって、最優先事項は堀田美甘だ。」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章9節その3。クラスアクションで特変がルールを定める中、謙一くんが最も問題視するのは堀田美甘ちゃんでした。次のレク企画へが始まる一方で、謙一くんと志穂ちゃんはそんな美甘ちゃんに近づきます――。

「目指すのは全員にとって居場所となるクラス。その為に――お前らが譲れないもの一つ、提示しろ。それが、各々が特変であることを示す証になる」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章9節その2。「クラスアクション」の時間にて、クラス統率の為に謙一くんが提案したのは、「規律」を定めること。それは実のところ、彼自身の首を絞めかねないほどに危険で、その覚悟をする必要のある決断だったのでした。

「まぁ単純に俺の好奇心でもあるんだけどな。お前らは、どう真理学園と向き合ってるのかなって」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章9節その1。真理合宿の一日目、全体講義を終えてからのお話です。全体講義の内容を踏まえた上で、クラス毎に談笑する緩やかな時間「クラスアクション」にて、全く緩やかじゃない精神状況の中で謙一くんが掲げる話題とは――?

「さて毎年この真理合宿には何かしらのテーマが定められてるわけだが、今回、それからちょい後日に此処来る第1学年の皆さんには、真理学園を知ってもらおう、というテーマで過ごしてもらおうと思ってる。」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章8節その2。合宿場所である冨士美町冨士梺の合宿センターに到着した1年面子は、真理合宿鬼門の代表である全体講義、一日目の内容に立ち向かいます。学園史という圧倒的な眠気を誘う三文字にへこたれず、真理学園初心者の諸君はしっかりお勉強しましょう! ※とか云いつつ難しい話満載な為、今回は割と読み飛ばした方がいいです。

「秋山が活躍し過ぎることは、逆効果。今回何より試されるのは……この俺、特変管理職井澤謙一の手腕ということだ。」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章8節その1。秋山志穂ちゃんと手を組み謙一くんが臨むのは、真理学園恒例イベント「真理合宿」。遠足にしては味気ない時間をバスでゆらゆら、冨士美の鮮やかな自然の中を歩きます。その途上、志穂ちゃんとこの合宿の意義を再度確かめるのでした。 ※「真理合宿」がこの調律章のメインとなってきます。

「――じゃあ、最早私がお前と手を組むのは、ここまで利害の衝突が無いんだ、義務だろ」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章7節。歓迎祭は金に飢えた特変面子の暴走、そして殺戮自己防衛な銘乃譜已ちゃんによって滅茶苦茶な結果となりました。それが相当精神に来たのか、管理職謙一くんはもうグッタリと芝生に転がっていました。そんな彼に話しかけてきたのは―― ※お知らせ:「X」とか「SM」とか画像に組み込まれてたり無かったりしますが、いずれにせよ著作権注意というニュアンスは漂わせますのでご了承ください。また、利用しているフリー素材の大半、著作権は手離されていないので、「使用している画像の著作権はすべて、スタジオメッセイ或いは素材提供者に属しています!」というざっくりした解釈でご了承くださればと思います。

「あぁ……恐れていた最悪の展開に……」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章6節。毎年恒例の新入生歓迎祭とかいう名前のけんか祭りが今年も開催されることになりました。それに何を思ったか翠学園長が賞金を出すとか云い出して、お小遣いを稼ぎたい学生さん達のヤる気は頂点に! 同様に気合い充分な特変面子に何か最高に嫌な予感を抱きつつ、謙一くんは1年の部の舞台に立つ羽目になったのでした…… ※今回はやっとと云うべきか、戦闘要素が濃いと思います。「護真術」「機能表示」「概説」などの、物語的に超重要な戦闘用語はいつか補講でもまとめます。

「毎年、一ヶ月経つ手前に新入生を歓迎しますーってコンセプトのバトルロイヤルが開かれるのです。建前なんて始まっちゃえば吹っ飛んで、いっつも上級生たちの大喧嘩にシフトするんですけど」スタジオメッセイのメイン作品『Δ』、「「特変」結成編」1章5節。授業で来ていたシスターキャロから教えられた、週末に待つ4月の恒例イベント「歓迎祭」。その当日を迎えて、まだまだ学園初心者の謙一くんは初めて学園所有アリーナ「GAC」に足を踏み入れたのでした。

  • 2017-2020©StudioMessay All Rights Reserved.